メディア個別 話題のゲームニュース | dメニューゲームナビ

ゲームナビ

2016/12/04

映画「300」や「ベルセルク」が好きなら是非!グラディエイターの世界を描いたハードなアクション

マッチョな戦士が命をかけて戦うハードなグラディエイターものアクションゲーム

「Stormborne : Infinity Arena」は、剣や斧といった武骨な武器を手にマッチョな男たちが命をかけて戦うグラディエイターものアクションゲーム。

一対一で戦い、攻撃と防御を駆使して相手のヒットポイントをゼロにした方が勝ち。相手の攻撃を防御して、その隙に攻撃を叩き込む…という「パンチアウト」スタイルのゲームになっている。

こうした「パンチアウト」スタイルのスマホゲーには「Infinity Blade」という偉大なる先駆者が存在しているが、スワイプ操作中心の「Infinity Blade」と違い、本作はバーチャルパッド操作が中心。そのため指でキャラのモーションが隠れず、迫力のバトルをしっかり楽しめるというのが魅力だ!

グラフィックをはじめとする美麗だが、それよりも鉄と汗と血の味を感じさせるヘビーで暑苦しい雰囲気が印象的。映画「300」や「ベルセルク」、「シグルイ」といったマンガなどが好きなら是非ともダウンロードしよう!

鉄の塊を振り回して痛みを与え合うハードなバトルで、アドレナリンをドバドバ出していただきたい!

ダウンロード(Andorid)

「Stormborne : Infinity Arena」の特徴は読みあいを前提としたアクション

武骨で荒々しい雰囲気を持った本作だが、ゲームの本質部分は読みあいという繊細な部分にある。

プレイヤーが取れるアクションはザックリ分けて、弱攻撃、強攻撃、回避攻撃、構えの変更の4種類。

構えは左/右/正面という方向の要素があり、弱攻撃とも連動している。たとえば、左の構えから繰り出される弱攻撃は、左の構えで防御可能。

…つまり、相手と同じ方向に構えていればすべての弱攻撃を防御できるわけだ。しかし相手に攻撃を当てたければ、ダメージ覚悟のうえで構えを変える必要がある。

相手の弱攻撃をガードしていると青いゲージが貯まり、ゲージを使用することで回避攻撃と強攻撃が可能に。強攻撃は防御不可能な大ダメージ技。回避攻撃は一旦後ろに退くことでタイミングさえ合えばどんな攻撃でも回避できるという技だ。

これらのバラエティ豊かな技が絶妙なバランスで調整されているので、敵の行動を見切るが超楽しい! 避けられるか?当たるか?というハラハラ感をバッチリ楽しめる。

ダウンロード(Andorid)

「Stormborne : Infinity Arena」の攻略のコツはバーチャルパッドの光にアリ

相手に大ダメージを与える強攻撃と回避攻撃は、本作のバトルの勝敗に強く影響する要素。これらを繰り出すためにはゲージを貯める必要がある。

ゲージを貯めるためには相手の攻撃を着実に防御する必要があるため、なんだかんだいっても攻略の上で一番重要なのは、地道な防御ということになる。

地道な防御をマスターする上で重要なのは、敵のモーションをしっかり見て、どちらから攻撃が来るのか読み切ること。 …なのだが、実はもっと簡単な攻略法がある!

それは…バーチャルパッドを見ること! 実はバーチャルパッドを見ると、敵の攻撃の方向が赤く光って表示されているのだ!

なので、バーチャルパッドの光っている方向を見て即座に構えを変えれば着実にガード可能というワケ。ただし敵が強攻撃や回避攻撃を繰り出してくることもあるので、相手の動きを全く見なくていいというわけではないことに注意!

ダウンロード(Andorid)

参照元記事:http://appget.com/appli/view/68552
掲載日:2016/12/04

ご注意

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

不適切なコンテンツとして報告する

この記事をシェアする

関連記事

記事提供

無料のスマホゲームが探せる|アプリ★ゲット レビュー

無料のスマホゲームが探せる|アプリ★ゲット レビュー

365日毎日レビューを掲載!日本最大のゲームレビュー数を誇る、Android・iPhoneの厳選スマホゲーム紹介サイト。

http://appget.com/

ジャンルから探す

facebookでフォロー Twitterでフォロー

トップに戻る