メディア個別 Switch版もリリース!「最後にゲームで涙したのはいつですか?」父と娘の物語に泣けるアクション・アドベンチャー | dメニューゲームナビ

ゲームナビ

2018/04/16

Switch版もリリース!「最後にゲームで涙したのはいつですか?」父と娘の物語に泣けるアクション・アドベンチャー

娘の障害を父が先回りして取り除いていく。

少女と父親の人生を体験できる愛のアクション・アドベンチャー

「サリーの法則」は親娘の愛を描いた、アクションなのに泣けるハートフル・アクション・アドベンチャー。
奔放な娘と娘を支える父親、二人を操作して再開を手助けしていく。
アクションゲームでありながら、絵本のようにストーリーも展開されていくのが特徴。ピアノのBGMもあって油断すると涙腺がヤバイ。
「中年騎士ヤスヒロ」を手がけたポラリスエックスさんだけあってセンスあるデザインだ。なぜかコロコロ転がるキャラもかわいい。
人肌恋しいクリスマス前にぴったりかと!

Nintendo Switchでも遊べる!

先日、Nintendo Switchでダウンロード版が配信開始。
Nintendo Switch版では、Joy-conを分け合って2人で遊べる「マルチプレイモード」が実装され、さらにアプリ版では明かされていなかった物語のプロローグ・エピローグ動画も追加されています。
Switch版はお値段1,500円ですが、アプリで気に入った方はぜひチェックしてみてください。

サリーの法則の特徴はストーリーを際立たせるゲーム性

娘がプレイした後に父親パートをプレイするのが非常にベネ。

「娘と父を交互にプレイする」このゲーム性が、シンプルなアクションでありながらも、物語と合致して大きな感動を与える。
これはすごい。
娘がプレイしてる最中、なぜか自動的に解除されるトラップたち。
それは二週目、父親パートをプレイすることによって明らかになる。父親は娘を先回りし、トラップを回避すべく動いていたのだった。
こっちのアクションはやや難しく、この難易度設定も物語を際立たせる。
娘と父親で操作方法が違うのも表現として素晴らしい。
牧歌的なグラフィックやBGMも世界観にマッチしている。
ちょっとスピード感がなくてゲームとしては退屈かな?と思ったが、物語はじっくりと味わうものだ、ということだろう。

サリーの法則 攻略のコツは娘と父の連携…(涙)

写真を集めることでイラストとお着替えが!

序盤は簡単で退屈と思うかもしれないが、ステージが進むにつれ、ギミックも増えていく。
サリーが通った道を覚えておかないと父親パートの際に開ける障害物を間違えてミスしたりする。
時間制限があるトラップもあり退屈させないぞ。
娘にぶつかることでジャンプできたり、と様々なアクションが用意されている。ストーリーを進めるのが楽しみになるおいしいつくりだ。やるね。
なお、ゲームはスタミナ制とステージ間に広告が入ってる。僕は世界観を大切にしたいから課金して消しちゃったぜ広告。君はどうだい?

ダウンロード(Andorid)

ダウンロード(iOS)

ゲームの流れ

この毬みたいなのがサリー。とお父さん。

絵本作家になることを夢見て街へでてきたサリーは、ある日、父親が倒れたという知らせをきき、生まれ育った故郷へ戻ることに。

奔放な娘と不器用な父の心情が描かれる。

娘がトラップにひっかかったりしたらミス。ハート-1。

お父さんは左右で移動。
娘はオートで移動でジャンプができる。
この操作方法の違いが小憎い。

お父さん、倒れちゃう。ヤバイよ泣かせる気か。

ああっお父さん、間違って娘があけたほうじゃない扉のほうに…。

後半の難易度は高そうですぞ。

関連動画

ピアノはズルいよ。ピアノってなー。

参照元記事:https://appget.com/appli/view/68627
掲載日:2018/04/16

ご注意

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

不適切なコンテンツとして報告する

記事提供

無料のスマホゲームが探せる|アプリ★ゲット レビュー

無料のスマホゲームが探せる|アプリ★ゲット レビュー

365日毎日レビューを掲載!日本最大のゲームレビュー数を誇る、Android・iPhoneの厳選スマホゲーム紹介サイト。

http://appget.com/

ジャンルから探す

facebookでフォロー Twitterでフォロー

トップに戻る