メディア個別 龍の騎士団:本格派にオススメ!緻密な戦略&奥深い育成が楽しめる大人気RPG! | dメニューゲームナビ

ゲームナビ

2019/06/13

サービス終了のお知らせ

『龍の騎士団』は魔界王バアルを倒すべく立ち上がるヒーローたちの物語! “陣形”や”スキルコマンド”から生み出されるセミリアルタイムバトルの戦略性と、”ヒーロー”、”武具”の育成要素がやり込める! 数々のPRG好きがウンウンと唸った、本作の魅力をたっぷりと紹介していくぞ♪

th01

 

直球勝負の正統派RPG

th02 th03本作は魔界王バアルの野望を阻止すべく立ち上がったヒーローたちの冒険の物語だ!プレイヤーは次々と現れる敵をなぎ倒し、王国での名声を高めて最強の騎士団を結成していく!

 

th04王国の中にはヒーローを雇用するための”殿堂”や、武器を制製できる”鍛冶屋”、そして外の世界へ通じる”ダンジョン”など溢れるほどのアイコンが存在する。
遊び尽くせない程の充実したコンテンツを、もう少し詳しく覗いていこう♪

 

セミリアルタイムのコマンドバトル!

th05バトルはセミリアルタイムで行われる!プレイヤーは画面下部の”スキル”と呼ばれるヒーローの特殊能力を駆使しながらコマンドバトルを進めていく!
目まぐるしく変わっていく戦況をくぐり抜け、プレイヤーの手で騎士団を勝利に導こう♪

 

th06もちろんスキルはヒーローによって千差万別。
「敵に大ダメージを与える」「味方のHPを回復する」など、色々な効果が存在するため、自分好みの戦略を持ってバトルに臨むことができるわけだ。
使用タイミング次第でどんな窮地であっても戦況をひっくり返すことが可能。プレイヤーの操作練度が問われる非常に面白いバトルシステムとなっている!

 

陣形が勝率を高める!

th07更に、敵に対峙した際のヒーローのポジションはあらかじめ「陣形」として設定しておくことができる!
真っ先に攻撃を受ける前衛は、防御の得意な”戦士”を配置、チームの最後の砦となる回復役の”聖職者”は後衛に配置するなど、色々と工夫を凝らすことが可能だ。
プレイヤーが知将となって勝率を高めていこう♪

 

th08陣形の中で手薄なポジションは、ヒーローを「雇用」して補おう。
ちなみに、雇用に必要なのは”名声”であり、名声はバトルを通して上昇していく。プレイヤーが重ねた勝利の数が、そのまま騎士団の強さに反映される嬉しいシステムだ!

 

ヒーローは武具の装備で強くなる!

th09ヒーローは武具を装備することでステータスが上昇する!
入手した武具の割り振りは「強い武器は主力の魔法使い、強靭な盾は前衛の戦士に」など、優先順位を変えることで陣形戦略に応用できるぞ!
更に、これら武具は「強化」して能力を高めることも可能だ!お気に入りの装備を磨きに磨いて、唯一無二の”相棒”に育てていこう♪

 

鍛冶屋でアイテムを制造!?

th10

th11武具はバトルでのドロップの他、鍛冶屋で制造することも可能だ。必要素材を集めて鍛冶屋に持っていくと強い武器をこしらえてくれるぞ!
本作での武具収集は運だけでなく努力も報われるため、やり込み型ユーザーには嬉しいシステムとなっている♪
訪ねる度に何かしら話題を振るご主人もなかなかいい味だ……!

 

仲間と共にワールドボスに立ち向かえ!

th12

th13そしてスマホRPGだからこそ楽しめるのが「ワールドボス」(レイドイベント)だ! レイドイベントでは、仲良くなったフレンドや全世界のユーザーと足並みを揃えて、「巨大ボス討伐」という共通目標に心を通わせることができる♪
戦場を引き継ぎながら少しずつボスのHPを削っていき、制限時間内に討伐を目指す!成功か否か……その境目に立つのは君だ!

『龍の騎士団』は、まさしく正統派のRPGだ。
洗練されたコマンドバトルや、作り込まれた英雄・武具の育成要素はじっくりと楽しむことができ、ついつい時間を忘れて遊んでしまう。
多くのRPGが互いに個性を打ち消し合う中、なぜ本作は大人気タイトルと成り得たか、ぜひプレイしてその答えを確認して欲しい。

龍の騎士団

更新日:2015/02/28

ご注意

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

不適切なコンテンツとして報告する

このアプリに関連するおすすめ

ジャンルから探す

facebookでフォロー Twitterでフォロー

トップに戻る