メディア個別 【花札まとめ】ローカルルールを一挙紹介! | dメニューゲームナビ

ゲームナビ

【花札まとめ】ローカルルールを一挙紹介!

2

花札の「こいこい」には、地域別・世代別でいろいろなローカルルールがあります。今回は、その一部をご紹介! 花札ゲームアプリの中には、これから紹介するローカルルールを採用しているアプリもあります。ゲーム性に大きく影響するローカルルールもありますので、それぞれの仕組みを理解して、勝負に役立ててみてくださいね。

2

▲ほとんどの花札ゲームアプリでは、設定でローカルルールを採用するかしないかが選択可能になっています。

新たな役の追加で勝負がスリリングに! 2種類のローカルルール出来役

■たった2枚で成立するメジャーなローカル役――”花見酒(花見で一杯)”・”月見酒(月見で一杯)”

“花見酒(花見で一杯)”と”月見酒(月見で一杯)”は、ほとんどの花札ゲームアプリでも採用されている、ローカルルールの中でも特にメジャーな出来役です。”菊に杯”の札と、”桜に幕”を揃えれば”花見酒(花見で一杯)”、”芒に月”を揃えれば”月見酒(月見で一杯)”となります。得点は、いずれも5点。

たった2枚で出来役となるため、運が良いとたった1巡で成立させられることも。あまりに簡単に作れる出来役のため、勝負が”菊に杯”・”桜に幕”・”芒に月”の取り合いになりがちとなり、じっくり出来役を作りたいタイプには敬遠されやすいルールとなっています。

2

▲たった2枚で作れる役なので、この役から”こいこい”して、さらに大量得点を狙う! という戦法がメジャーです。

■ゲーム進行に合わせて必要な札が変わる出来役――”月札”

“月札”は、ゲームの進行に合わせて必要な札が変わるというちょっと特殊な出来役です。ゲーム数が”1月(睦月)”の場合は、1月の札である”松”の札4枚をすべて取ると成立し、5点が得られます。”2月(如月)”なら”梅”の札、”3月(弥生)”なら”桜”の札と、役の成立させるのに必要な札がゲーム数によって異なります。

どの札が何月かをそれぞれ把握しておく必要があるため、ちょっと上級者向けの出来役となっています。ゲーム数ごとに必要な札が変わる、いっそうの駆け引きが楽しめるローカルルール役といえるでしょう。

2

▲”月札”の成立に必要な札は4枚ですが、同じ月の札を2枚ずつ取るという「こいこい」のルールからすると、たった1巡で成立させることもあり得る出来役です。

最初に配られた札8枚でいきなり成立する、ローカルルール手札役2種

■最初の手札で同じ月が4枚あると成立する手札役――”手四”

“手四”は、最初に配られた8枚の札に、同じ月の札が4枚揃っているとそれだけで成立する手札役です。成立していた場合、6点が得られて、強制的に次のゲームに進みます。

“手四”は手札役のため”こいこい”はできません。6点は得られますが、さらなる大量得点ゲットはできないので、ゲームの状況によっては、成立してもあまり嬉しくない、ということも。

2

▲ルールによっては、”手四”は”月札”とのダブル成立を認めていることもあります。そのゲームの月の札で”手四”ができていると、”手四”の6点に加えて”月札”の5点で合計11点に。

■最初の手札で同じ月が2枚ずつ4組で成立する手札役――”くっつき”

“くっつき”も”手四”と同じく、最初に配られた札によって成立する手札役です。手札で同じ月の札が2枚ずつ4組あると成立し、6点が得られて強制的に次のゲームに進みます。”手四”は最初に配られる8枚のうち半分の4枚で成立しますが、”くっつき”は8枚すべてで条件を満たす必要があるため、”手四”よりも成立しにくい役となっています。

2

▲”梅”が2枚、”藤”が2枚、”芒”が2枚、”紅葉”が2枚。このような形の手札になると、”くっつき”が成立となります。

“こいこい”がさらにスリリングに! ローカルルールの点数計算方法

■”こいこい”からの大量得点を狙いたくなる”7点以上倍付けルール”

“7点以上倍付けルール”とは、獲得点数が7点以上になると、2倍になって得られるようになるというローカルルールです。「こいこい」では多くの出来役が7点以下のため、このルールを活かすなら”こいこい”して複数の役を成立させる必要があります。

このルールを採用していると、1ゲームで20点以上の大量得点を得られることも不可能ではないため、多少リードされてもすぐに逆転が可能になります。ちょっとのリードでは安心できない、スリリングな勝負が楽しめるようになるルールです。

2

▲”こいこい”から大量得点ゲット! この大量点を得るためにも、ぜひ”こいこい”したくなっちゃいますね。

■”こいこい”するかしないかの決断がさらに重要に! ”こいこい返し倍付けルール”

“こいこい返し倍付けルール”とは、相手が”こいこい”をした後に役を作ってゲームを終了させると、それだけで得られる点が倍になるというルールです。”こいこい”することでさらなる得点ゲットを狙えますが、相手も得られる点が多くなる、ハイリスクハイリターンなゲーム展開となります。

“こいこい”をするかしないかの重要性がさらにアップし、よりスリリングな駆け引きを楽しめるようになるルールといえるでしょう。

2

▲”こいこい”がチャンスでもありピンチでもある! 相手の取札の状態をよく見極めてから宣言しましょう。

オンライン対戦で全国の猛者たちと花札勝負!

無料

花札 こいこい フリー

1人プレイもオンライン対戦も楽しめる花札アプリ

花札

Android

2

ひとりプレイからオンライン対戦、さらにはBluetoothやLAN接続での近距離対人戦まで楽しめる花札ゲームアプリ。ひとりプレイでは、対戦相手に織田信長や徳川家康など、6人の戦国武将が登場します。本作の最大の特徴は、相手の顔を見ながら楽しめる近距離対人戦。リアルな駆け引きをくり広げつつ、こいこい対戦で盛り上がろう!
 

無料

花札Online

全国の猛者たちと真剣勝負!フリック操作で手軽に遊べる花札ゲーム!!

花札

Android iOS

2

いつでもどこでも、全国のプレイヤーと「こいこい」で真剣勝負! コンピューター相手とはひと味違った、血の通った対戦が楽しめます。
合言葉を設定し、その合言葉を入力したプレイヤー同士で対戦する「合言葉対戦」や、花札Onlineで友達登録したプレイヤー同士で対戦する「友達と対戦」など、気の合う仲間との対戦もスムーズに行えます。
 

無料

花札こいこい

花札の定番「こいこい」が遊べる!

花札

Android iOS

2

シンプル操作でサクサク遊べる花札ゲームアプリ。コンピューターの強さは初級と上級の2種類から選ぶことができます。タイトル画面の「はじめる」を選べばすぐに対局がスタートするので、ちょっとした時間に花札で遊びたいときに最適の作品です!
 

更新日:2018/03/03

不適切なコンテンツとして報告する

ご注意

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

ジャンルから探す

facebookでフォロー Twitterでフォロー

トップに戻る