メディア個別 【初心者向け】石の置き方から覚える囲碁のルール | dメニューゲームナビ

ゲームナビ

【初心者向け】石の置き方から覚える囲碁のルール

2

中国生まれの日本育ち、今では世界中で愛されるボードゲームに成長した囲碁。囲碁を知らないという人はいないと思いますが、囲碁のルールは知らない人も多いのではないでしょうか?複雑そうに見える囲碁ですが、実はとてもシンプルで4つの基本ルールを覚えるだけですぐに楽しむことができちゃうんです。今回はその4つの基本ルールについて解説していこうと思います。

【こちらもチェック!】無料で遊べる囲碁ゲームアプリまとめ!初心者から有段者までレベル別・おすすめの5選

1.黒と白が交互に打つ

2

碁石を置くことを「打つ」と言います。将棋やオセロのように碁盤のマスの中ではなく、縦と横の線が交わった場所に碁石を置きます。
また、囲碁では先に石を打つ人を「先手」、後から打つ人を「後手」と呼び、先手が黒、後手が白を持ち交互に打っていきます。

2.相手の石は周りを取り囲めば取ることができる

2

囲碁では自分の石で相手の石を取り囲むことで取ることができるんです。取った石のことを「アゲハマ」と呼び、ゲームの最後に使用することになるので覚えておきましょう。

2

画像の様に複数の石を取り囲めば、複数の石を取ることができます。相手の石を多く取ることによってゲームを有利に進めることが出来ますのでチャレンジしてみてくださいね。

3.石には置けない場所がある

2

2

基本的に石はどこにでも置くことができますが、1つだけ例外があるんです。それは、「石を置くと周りを取り囲まれてしまう場所」となります。この場所は「着手禁止点」と呼ばれ、ここに石を置くことはルールによって禁止されています。

4.相手より多く陣地を作った方が勝利

2

囲碁は、黒と白がお互いに石を置き、最終的に大きい陣地を作った方が勝ちとなるゲームです。陣地を作り終わった後に、2で説明した「アゲハマ」を相手の陣地に置いて最終的に陣地の広さを数えます。

2

相手の石を取ったりすることもできますが、最終的な目標は相手より多く陣地を作ることだと頭に入れておくことが大切です。

基本ルールをおさえて今日から囲碁デビュー!

2

今回は初心者の人に向けて、囲碁の基本的な4つのルールを解説していきました。思ったよりもルールはシンプルで驚いた方も多いのではないでしょうか?
ご紹介した基本ルールの他にも、囲碁には細かいルールがまだあるのですが一度に覚えるのは大変ですので、無料で遊べる囲碁ゲームアプリで少しずつ覚えていくことをおすすめします。シンプルなルールだからこそ奥が深い囲碁に是非チャレンジしてみてくださいね!

初心者、初級者向け無料囲碁ゲームアプリ

無料

Go Free - 囲碁

碁を楽しむことに特化した、無駄のないシンプルなアプリ

囲碁

Android

2

余計な機能を省いたシンプルな囲碁アプリ。コンピューターとの対局では10段階の難易度を選択することが可能で、ルールを覚えたての初心者から上級者の人まで囲碁を楽しむことができます。碁盤も9路、13路、19路とステップアップできるのが嬉しいですね。
 

2

こちらはAIを搭載した無料囲碁ゲームアプリ。14級から三段まで選べる難易度に加え、コンピューター同士の対局を観戦することも出来ちゃう囲碁を学習するにはぴったりの一本になっています。コンピューターの思考時間が短くテンポの良い対局が楽しめます。
 

更新日:2018/03/31

不適切なコンテンツとして報告する

ご注意

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

ジャンルから探す

facebookでフォロー Twitterでフォロー

トップに戻る