メディア個別 【ポケモンGO】カイリュー、カビゴン、ハピナスを撃破!新ジムバトルを体験【プレイ日記・第19回】 | dメニューゲームナビ

ゲームナビ

2017/08/17

【ポケモンGO】カイリュー、カビゴン、ハピナスを撃破!新ジムバトルを体験【プレイ日記・第19回】

アップデートによって新たに楽しめるようになったレイドバトルをプレイした前回。ただ、実はジムバトルも、アップデートによって内容に変化が。そこで、今回は新たなジムバトルをプレイ!これまではカビゴンやカイリューといったポケモンに苦戦してきたけど、新たなジムバトルでは果たして…!?

1j

 

『ポケモンGO』のレビュー記事はこちら→ポケモンを現実世界で捕まえよう!話題の『ポケモン』最新作ゲーム!

『ポケモンGO』の原型となったNiantic, Inc.制作の位置情報ゲーム『Ingress』のレビューはこちら!→GPSを駆使した新しすぎるタイプのゲームが登場!

2016年11月18日にニンテンドー3DSで発売された注目の最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』の情報はこちら!→『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

前回のプレイ日記はこちら→【ポケモンGO】ジムがアップデート!レイドバトルでマグマラシとバトル【プレイ日記・第18回】

 

「やる気」を巡ってバトル!新たなジムバトル

進化や強化を行ってからジムバトルに臨もうと思っていたけど、よくよく考えてみたら、ジムバトルを経験した上で方向性を固めてから、進化や強化を行った方がいい。そう思って、まずは新たなジムバトルを体験してみることに。

2j

今回ジムバトルで新しくなった点は、これまでの「名声」に代わって用意された「やる気」。ジムに配置されたポケモンは、ジムバトルをしたり、時間が経過したりすることで「やる気」が減少し、やる気がゼロの状態で負けると、ジムを去ってそのポケモンを所有するトレーナーのもとへ戻る。

3j

「やる気」は回復することが可能。仲間チームのジムであれば、配置されているポケモンに「ズリのみ」や「ナナのみ」、「パイルのみ」といったきのみを与えることができ、それによって「やる気」が回復!

4j

また、1つのジムに同じポケモンは1匹しか配置できないという点も、大きな変更点。これによって、ジムに配置されているポケモンが全員カビゴンだとか、全員カイリューみたいなことは不可能に。CPやHPが高く強力なポケモンで防衛する…という方向性より、タイプやわざを吟味して配置することが重要に!

6jジムに配置可能なポケモンの数も、最大10匹から6匹へと変更。これまではジムのレベルによって配置可能なポケモンの数が増えていったけど、アップデート後は最初から6匹配置できちゃう。ジムを防衛する側、ジムバトルを挑む側、6匹VS6匹という同じ条件で戦う形式に。

 

バトルルールは変更なし!相性の良いわざで攻撃

5j今回ジムバトルに挑んだジムは、チーム ミスティックのジムで、配置されているポケモンはCP2680のギャラドス、CP2041のカビゴン、CP2643のカイリュー、CP1820のカイリキー、CP2437のサイドン、CP1526のハピナスという面々。CP3000のカビゴン3匹にCP3000のカイリュー3匹…ほどの圧迫感はないけど、十分強力な布陣!果たして勝てるのか!?

7j

対するこちらのポケモンはCP1537のサンダース、CP1528のエレブー、CP2031のシャワーズ、CP1827のエーフィ、CP1803のハッサム、CP1751のシャワーズという編成。カイリュー、カビゴン、ハピナスといったポケモンは、シャワーズ、エーフィ、サンダースの身軽さで回避しつつ攻撃し、ギャラドスはエレブーで応戦…という戦略に基づいて選択!

8j

バトルをしてみると、こちらの戦略がガッチリとハマってかなり有利にバトルを展開!バトルの相手となるポケモンが様々な種類で登場するため、こちらも臨機応変にポケモンを入れ替えることでダメージを抑えつつ、相手のポケモンを倒していく。

9j

結果、6匹すべてのポケモンを倒すことに成功!ジムを自分のチームのものにすることはできなかったものの、大きな手ごたえを感じることができたので、かなりうれしい!

 

CPにこだわらずポケモンの種類を増やしたい!

10j

アップデート後のジムバトルを経験した結果感じたことは、新たなジムバトルでは、ポケモンの種類が豊富なことが重要だということ!配置されているポケモンに応じて、相性のよいポケモンを入れ替える必要があるけど、そもそも配置されているポケモンが多彩。なので、配置されているポケモンに応じて編成を切り替えられるだけのバラエティが必要。この経験をもとに、次回はポケモンを進化・強化する予定!

 

次回のプレイ日記はこちら→【ポケモンGO】伝説のポケモン登場!ルギア・フリーザーとレイドバトル【プレイ日記・第20回】

 

※『ポケモンGO』は、開発会社のNiantic, Inc.が制作した『Ingress(イングレス)』というゲームが原型。『Ingress』は現実世界を歩きながら陣地を取り合うというゲーム。本作も『Ingress』を部分的に踏襲していて、基本的にポケモンを探しながら現実世界を歩き回るというもの。こちらも要チェック!
『Ingress』のレビュー記事はこちら!→GPSを駆使した新しすぎるタイプのゲームが登場!

 

『ポケモンGO』を楽しんでいるなら、チェックしたいのが『ポケモン』シリーズ最新作。ニンテンドー3DSで最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売中。ポケモンの力を限界まで引き出す「すごいとっくん」など、新しい要素が満載!
詳しくはこちら→『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

 

©2017 Niantic, Inc.
©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 

無料

Pokémon GO

コレクションゲーム

Android iOS

ポケモンを現実世界で捕まえよう!話題の『ポケモン』最新作ゲーム!

レビューを見る

ご注意

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

不適切なコンテンツとして報告する

この記事をシェアする

ジャンルから探す

facebookでフォロー Twitterでフォロー

トップに戻る