メディア個別 【ポケモンGO】真っ赤な帽子をかぶったピカチュウが活躍!ジムバトルに連戦【プレイ日記・第10回】 | dメニューゲームナビ

ゲームナビ

2017/02/12

【ポケモンGO】真っ赤な帽子をかぶったピカチュウが活躍!ジムバトルに連戦【プレイ日記・第10回】

Apple Watch版『ポケモンGO』を試してみた前回。消費カロリーや歩数などが気軽に確認できるようになったので、いくつかタマゴをかえしてみたものの、残念ながらピチューやトゲピーといったジョウト地方の新しいポケモンはでてきてくれず残念…。そこで、今回はふかそうちを導入してタマゴをたくさんかえしてみることに…!

1j

 

『ポケモンGO』のレビュー記事はこちら→ポケモンを現実世界で捕まえよう!話題の『ポケモン』最新作ゲーム!

『ポケモンGO』の原型となったNiantic,Inc.制作の位置情報ゲーム『Ingress』のレビューはこちら!→GPSを駆使した新しすぎるタイプのゲームが登場!

前回のプレイ日記はこちら→【ポケモンGO】Apple Watch版『ポケモンGO』と「Pokémon GO Plus」使い比べ!そしてピカチュウが真っ赤な帽子のライチュウに【プレイ日記・第9回】

 

ふかそうちで一度に4つのタマゴをかえすことにトライ

ふかそうちを3つ購入したことによって、一度に4個のタマゴをかえすことが可能に!購入によって追加できるふかそうちは3回まで使うことができるので、今回購入したふかそうちが使えなくなるまでに、合計で12個のタマゴをかえすことができるという計算。ここまでの数のタマゴをかえせば、さすがに1体くらいはピチューやトゲピーがかえってくれるのでは…!?

2j

 

12個のタマゴをかえした結果…

12個のタマゴをかえした結果…ピチューもトゲピーもププリンもかえらない!実は今回タマゴをかえすのにチャレンジした期間は、ジョウト地方に登場したポケモンがタマゴからかえりやすくなるというホリデーイベント期間中。…にもかかわらず全然かえってくれないなんて、運に見放されているとしか思えない!(涙)

3j

 

悔しい気持ちをバネにしてジムバトルにチャレンジ!

いつまでもジョウト地方に登場したポケモンがかえらない悲しみにひたっていても仕方がない…。悔しい気持ちをバネにして、以前からの目的であるレベルの高いジムでのバトルにチャレンジすることに!…というわけでジムをいろいろ探してみると…発見!でもレベル10!まださすがに勝てる気がしない…。なので、他のジムを探してみよう…。

 

4j他を探し回っていると、休日ということもあってか頻繁にジムでバトルが行われており、ジムを所有しているチームが短時間で入れ替わっている模様。そこで、見つけたジムで片っ端からバトルを実行!まずはCP2405のナッシー、CP2652のギャラドス、CP2929のカビゴンが配置されているジムレベル3のジムでバトル。所有チームはチームミスティック。

5j対するこちらのポケモンは、CP1751のシャワーズ、CP1716のカイロス、CP1268のブーバー、CP1483のキングラー、CP1374のストライク、そして真っ赤な帽子をかぶったピカチュウがCP263。個々のCPでは敵わないものの、ポケモンの数が多いため、そう苦戦することなく勝てるハズ…。

6j

結果、予想通りスムーズに勝利!カビゴンに対して最後の一撃を決めたのが、真っ赤な帽子をかぶったピカチュウというのがなんとも印象的!

7j

他にもジムバトルをしかけていたチームヴァーラーのメンバーがいたようで、バトル終了後、ジムがチームヴァーラーのものに!ジムの名声をアップさせるため、2回ほどトレーニングバトルも実行。ここでも真っ赤な帽子をかぶったピカチュウが活躍!

8j

 

立ちはだかるジムレベル4のジム!勝敗は…!?

さらに近場にジムレベル4のジムを見つけたため、そこでもジムバトルを挑むことに。所有しているチームは先ほど同様、チームスティック。配置されているポケモンのうち確認できるのはCP2104のシャワーズ、CP2264のリザードン、CP2486のカビゴン。先ほどのジムよりもCPは少ない。

9jちなみにこちらのポケモンは、CP1483のキングラー、CP1751のシャワーズ、CP1716のカイロス、CP1201のスターミー、CP1185のエレブー、CP263の真っ赤な帽子をかぶったピカチュウ。先ほどとあまり変わらない編成…なのでこれはもしかして楽勝なのでは…!?

10j

…と思いきや、これが大苦戦! みずタイプのシャワーズにはでんきタイプのエレブー、ほのおタイプのリザードンにはみずタイプのシャワーズを繰り出してスムーズに勝てるものの、カビゴンが強い!カビゴンのわざ「のしかかり」が強く、避けられないでうけてしまうとHPを半分くらい減らされてしまう…。この「のしかかり」によって次々とこちらのポケモンがやられていき、ジムバトル敗北…!

11j悔しいので「げんきのかけら」でポケモンたちを回復させて即座にリベンジ!今回は編成を変更して、CP1268のブーバー、CP1751のシャワーズ、CP1716のカイロス、CP1483のキングラー、CP263の真っ赤な帽子をかぶったピカチュウ、CP1180のサンダースという編成。みずタイプである相手のシャワーズをでんきタイプのわざを持つサンダースで制し、相手のリザードンを同じほのおタイプのブーバーで制して戦力の大半をカビゴンに当てようという戦略。

12jこの戦略はそこそこうまくいき、相手のシャワーズとリザードンに勝利するところまでは思惑通りだったものの…カビゴンがやっぱり強い!カビゴンはノーマルタイプなので、タイプの相性を考えるとかくとうタイプのわざ「からてチョップ」を持っているブーバーで攻めたほうがよかったかも…。次々倒れていくこちらのポケモンたち。ただそんな中、真っ赤な帽子をかぶったピカチュウが「のしかかり」を避けまくり、善戦!

13j

…したものの…無情にもタイムアップ!勝利することはできず残念無念…。

14jジムバトルに挑む際、もう少しポケモンのタイプの相性とわざを考えて編成した方がよさそう…。次回、ポケモンを強化してチャレンジしたい。発見したジムレベル10のジムも、一度どれほど強いのかチェックしたいところ!

 

次回のプレイ日記はこちら→【ポケモンGO】全ポケモンCP3000以上!レベル10のジムでバトル!そしてタマゴからピチューが…【プレイ日記・第11回】

 

※『ポケモンGO』は、開発会社のNiantic,Inc.が制作した『Ingress(イングレス)』というゲームが原型。『Ingress』は現実世界を歩きながら陣地を取り合うというゲーム。本作も『Ingress』を部分的に踏襲していて、基本的にポケモンを探しながら現実世界を歩き回るというもの。こちらも要チェック!
『Ingress』のレビュー記事はこちら!→GPSを駆使した新しすぎるタイプのゲームが登場!

※『ポケモンGO』を楽しんでいるなら、チェックしたいのがポケモンシリーズ最新作。2016年11月18日には注目の最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売された。ポケモンの力を限界まで引き出す「すごいとっくん」など、新しい要素が満載!

詳しくはこちら→『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

 

©2017 Niantic, Inc.
©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 

無料

Pokémon GO

コレクションゲーム

Android iOS

ポケモンを現実世界で捕まえよう!話題の『ポケモン』最新作ゲーム!

レビューを見る

ご注意

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

不適切なコンテンツとして報告する

この記事をシェアする

ジャンルから探す

facebookでフォロー Twitterでフォロー

トップに戻る