メディア個別 PSVRに匹敵する臨場感を持ったVRゲームがスマホで無料!廃病院を探索する激怖い脱出ゲーム | dメニューゲームナビ
menu

PSVRに匹敵する臨場感を持ったVRゲームがスマホで無料!廃病院を探索する激怖い脱出ゲーム

廃病院を舞台にした脱出ゲーム「無影灯」がVR対応して演出も追加

「【VR版】改・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」は、廃病院からの脱出を描いた脱出ゲーム「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」をVR対応させた作品。

基本的なストーリーや謎解きは前作と同じ。しかし、新しい演出が追加されているので、油断していると意外な怖さを味わうハメに!

ちなみに、本作はVR専用となっているので、プレイにあたっては「Google Cardboard」や「ハコスコ」などのVRビューワーが必須。ただ、レンズが2つついた二眼式ビューワーであれば1000円未満で買える段ボール製のものでもOKなので、高価なVRビューワーを買う必要はない。

段ボール製の安いビューワーで本当にVRの楽しさが実感できるの?と思うかもしれないが、本作の臨場感は凄まじい。VRビューワーによって空間が立体的に感じられ、自分が実際に廃病院を探している感覚が味わえる!

筆者は「プレイステーションVR」なども試したことはあるが、本作は無料アプリでありながら高額なVRと引けを取らないリアリティを持っていると感じた。非VR版をプレイしたユーザーでも、悲鳴を上げるほどの恐怖を体験できるだろう!

ダウンロード(Andorid)

ダウンロード(iOS)

「【VR版】改・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」の特徴は視線だけで快適に操作できること

基本的にスマートフォンのVRビューワーはコントローラーの使用を前提としないため、ほとんどの操作を視線の向きだけで行うことになる。本作もそうだ。

本作の場合、一点をじっと見つめているとゲージが貯まってその場所を選択したことになる。

メニューを表示したい場合は足元を見つめればOKだ。場所移動したい場合、各部屋のドアを見つめると地図が表示される。

これらの操作は極めてスムーズで快適。なので、廃病院の中の探索に思いっきり没頭できる!

また、本作の場合歩いたり走ったりといったシーンがなく、どの部屋でも中央から周囲を眺める形でプレイするため、酔って気持ち悪くなってしまう通称「VR酔い」も起こりにくい。

つまり本作は、ひとつのVRコンテンツとしても完成度の高いゲームといえる!

ダウンロード(Andorid)

ダウンロード(iOS)

「【VR版】改・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」を楽しむコツは部屋を暗くしてヘッドフォン使用

そもそも非VR版の「恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」は、謎解きより恐怖体験をメインとしていた。もちろんVR版である本作も、謎解きは難易度おさえめ。

くまなく調べることと、色々なアイテムを組み合わせてみることさえ押さえておけば、問題なくゲームを進行できるだろう。

攻略よりも、本作をプレイするなら周囲の環境に気を配ろう! まず第一にヘッドフォンは必須!実際に廃病院の中にいる感覚が段違いだ。

次に、自分の部屋のカーテンを締めたり、明かりを消したりして暗い環境を作ろう。

…というのもVRビューワーは意外と周りの光が入ってくるので、明るい環境だと不必要に画面が明るくなってしまい、怖さが半減してしまうのだ。

部屋を暗くしてヘッドフォンを使用すれば、段違いの怖さを堪能できるぞ!

ダウンロード(Andorid)

ダウンロード(iOS)

関連記事

記事提供

無料のスマホゲームが探せる|アプリ★ゲット レビュー
365日毎日レビューを掲載!日本最大のゲームレビュー数を誇る、Android・iPhoneの厳選スマホゲーム紹介サイト。