menu

180_92-92-icon-2
1人でコッソリ…秘密のダイエット

痩せたい!スリムな体を手に入れたい!という願望は誰しも持っているはず。モテたいから、最近たるんでるから、若い頃の体を取り戻したいから、健康のためと、その動機も様々です。

特にお腹周りや下半身の皮下脂肪が気になっている人、いませんか?脂肪の中でも落ちにくいと言われている皮下脂肪。有酸素運動と適度な筋トレを続けていくことが、効果的なダイエットの秘訣と言われています。朝食を抜いていたり、睡眠不足などはダイエットにあまりいい影響を与えないともされているので、これらの習慣がある人は気をつけてみてください。

 

お手軽といえば、「脂肪燃焼スープ」もオススメ。とってもカンタンに作れるそのスープは「食べれば食べるほど痩せる」とも言われていて、お腹いっぱい食べてもいいというのが嬉しいところ。1杯80kcalほどで、脂肪を燃焼させるだけでなく、代謝もよくするそうです。レシピは以下の通り。まずは7日間、食べ続けてみましょう。野菜と脂肪燃焼スープを中心とした食生活で、一週間で5kg減ったという人もいるようですよ!

玉ねぎ(大きめ) 3個
セロリ 1本
キャベツ 半玉
トマト(大きめ) 3個 ※400gのトマト缶でも代用可能
にんじん 1本
ピーマン 1個
水 2~3リットル
★かつお節 10g
★鶏がらスープの素 小さじ1
★昆布 5g
★塩 少々
生姜1片
※★はコンソメキューブ1個でもOK

 

さらに、お手軽なダイエットとしておすすめしたいのが、「ヘアゴムダイエット」。やり方はとてもシンプルなので、試してみてください。1、両足の親指をまとめるようにヘアゴムを引っ掛ける。2、仰向けになって寝る。この時両足のかかとはくっつける。3、そのまま5分寝るだけ。これだけで、骨盤が矯正されて、腹筋や太ももの筋肉も使うので、下半身のシェイプアップになるそうです。1日1回、寝るだけのダイエットなら続けられそうですね。

 

ここ数年のトレンドとして「常備菜」が注目を集めていますね。週末など時間がある時に様々な種類のおかずを小分けにパックして冷蔵庫に保存しておくことで、普段のごはんの準備が楽になるというテクニック。実は家事の負担が減るだけでなく、ダイエットにも役立つそう。その理由は様々な種類の常備菜を用意しておくことで、偏りのないバランスのとれた食事ができるということ。栄養のバランスがとれていると、それぞれの栄養の効果がしっかりと発揮され、カラダの機能が正常に働くようです。それにより、基礎代謝が向上し、ダイエットにも効果があると言われています。また、小分けにしたおかずを毎日少しずつ食べていくことになるので、「食べ過ぎ」を防ぐことができます。休日などに一気に作り置きすれば、平日は料理をする手間がないので、毎日ヘルシーな料理を作ろうとして面倒で挫折→コンビニのお弁当に逃避、という心配もなさそうですね。

 

いろいろと痩せるための方法はありますが、ダイエットを応援してくれるアプリがあれば、成功するまでの道のりも楽しいものになっちゃう!?スマホを使えば自宅でコッソリシェイプアップができるので「最近ちょっと太り気味かも・・・」と思っている人にはピッタリ。記事の最後で、まだまだダイエット方法を伝授しちゃいます。

 

太りにくい体を作る!エクササイズアプリ

筋トレやランニングなど、体を動かすエクササイズ系のアプリをご紹介。トレーニングが長続きしない人には、キャラクターが応援してくれるアプリもおすすめ。

 

うっかり摂り過ぎに注意!カロリー管理アプリ

ダイエットのための食事制限で、真っ先に思い浮かぶのがカロリー制限。健康的に痩せるためには、適度なカロリー管理が大切。

 

余分に溜まった体脂肪を燃焼させよう!糖質管理アプリ

炭水化物や根菜類を制限して糖質を抑え、血糖値の上昇や、脂肪の蓄積を抑える効果がある糖質管理ダイエット。アプリを使って、過剰に糖質を摂っていないかチェックしよう。

 

ゲームナビ編集部のおすすめ作品

エクササイズで体づくりも大切だけど、適度に休憩を挟むのも忘れずに。編集部のおすすめ作品を集めたので、運動の合間にプレイしてみて。

 

話題のダイエット、まだまだある!

・腸内フローラの改善
ダイエットには、最近話題の腸内フローラを改善する、という手も試してみるといいかもしれません。腸内の細菌環境やバランスのことを『腸内フローラ』といい、善玉菌が悪玉菌よりも多くなっていると、ダイエット効果があるという研究結果も出ているようです。善玉菌を増やすには発酵食品がいいとされているようなので、日々の食卓に加えてみてはどうでしょうか。

・手軽なコンビニ食ダイエット
コンビニ食を利用したダイエットも注目されています。もちろん、菓子パン、お弁当、お菓子など高カロリーの食品は多いですが、実はものによってはダイエットに重宝する商品もあるんです。例えば「おでん」は低カロリーかつ抵糖質な優秀なダイエット食品。ひとつひとつにカロリーが記載されているので、コントロールしやすいのも特徴です。コンビニならすぐに立ち寄れるので忙しい人でも無理せず続けることができますよね。

・大人気の酢キャベツダイエット
「酢キャベツダイエット」も盛り上がっていますね。酢に漬けた千切りキャベツを食べるダイエットで、糖質制限効果、食物繊維の摂取による「痩せやすいカラダづくり」を期待できるそうです。酢のクエン酸も健康にいいようですし、お手軽に試せるダイエットなのがいいですね!

・美容にも!?レモン白湯ダイエット
もっと簡単に!というあなたには海外でも人気の「レモン白湯」がオススメです。180ccの40〜50度のお湯にレモンの汁、大さじ一杯を入れるだけ。輪切りにしたレモンを浮かべるのでもOKです。レモンに含まれるクエン酸が代謝のアップを促進して、血糖値の上昇を防ぐのだとか。酸味が食欲を抑えるという効果もあるようです。さらには美肌効果や老廃物を排出しやすくなるデトックス効果も期待できるのだそう。ダイエットも美容も!一石二鳥ですね。

・寝る前には「はちみつ」がいい!?
寝る前の食事は基本的にダイエットの御法度だと言われていますが、逆に就寝前の摂取が良しとされる食品もあります。それが「はちみつ」。人間は寝ている時もカラダの脂肪を燃焼をさせると言われていますが、はちみつは成長ホルモンの分泌を助け、それが脂肪燃焼につながるそうです。さらに、はちみつにはビタミンB群やミネラルなどの栄養が含まれており、美肌への効果が期待できるとのこと。

・食欲がおさまる?耳つぼダイエット
食事制限はつらい……という人にオススメなのは「耳つぼダイエット」。実は耳には約200個の「つぼ」があると言われているようです。その中で「耳つぼダイエット」の効果は自然に食欲をおさえることができるというもの。使うものは綿棒。やわらかいので、無理なくつぼを刺激することができます。気になる「耳つぼ」ですが、「飢点」というつぼ。耳の穴の前に尖っている部分にあたります。強く押す必要はなく自然な感じでぐいぐいと30回ほど押すだけでOK。これで食欲をおさえてダイエット効果も期待できるようです。

・インパクト大!原始人ダイエット
最近、話題になっているダイエット法が「原始人ダイエット」。どういうこと?と疑問がわくかもしれませんが、これはアメリカで流行したダイエットで別名「パレオ・ダイエット」。人類が糖分や植物油を頻繁に摂取する以前の食生活を再現するダイエットで、例えば木の実や種、野菜、肉、魚などの摂取を心がけ、穀物や砂糖、加工食品は避けることが望まれます。砂糖の代用にメープルシロップ、蜂蜜を使ったりしているとか。これにより、体調やアレルギーの症状が良くなって、無理なく体重を落とすことができるようです。海外のセレブにも人気の方法なんだとか。

・マスクをつけるだけで痩せる?
最近ではなんとマスクを使ったダイエットというのが脚光を浴びています。その方法は、編み目の細かい空気抵抗値の大きいマスクを着用するというものです。呼吸に負荷がかかることで腹式呼吸が促され、通常の呼吸よりも消費カロリーが増えるそうです。さらに、マスクを外す煩わしさで心理的に間食から遠ざかるという副作用も期待できるとのこと。手軽なダイエットとして、まずは専用のマスクを手に入れてみてください。

・肉食でスリムアップ、ケトジェニックダイエット
「食べながら痩せる」というのは、なんとも魅力的ですよね。実は最近、肉を食べて痩せるという「ケトジェニックダイエット」が密かに人気。私たちの体は、エネルギーの元になる「糖質」の摂取を抑えると、脂肪を燃焼させてエネルギーに変えようとするのだとか。脂肪を燃焼する時に作られるのが「ケトン体」。このことから、脂肪を燃焼しやすい体質を「ケトジェニック」と呼ぶようです。ケトジェニックダイエットでは糖質はなるべく摂らないようにすることが大事。1食20g以下が理想と言われています。逆に、たんぱく質はしっかりと摂りましょう。つまり肉はがっつりと食べてOK。もちろん食べ過ぎは禁物で、1日で体重1kgあたり1.2~1.6gが適量とのことです。つまり体重55kgだったら、66〜88gという感じですね。

・ブロッコリーで置き換えダイエット
「ごはん」や「パン」といった主食の代わりに別の食材を食べる「置き換えダイエット」というものがありますが、なかでもブロッコリーはおすすめ。カロリーが低いだけでなく、食べ応えもあるので、空腹を感じることもなさそうです。さらに、食物繊維、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているようなので、体にも良い。食べる時の注意点ですが、ブロッコリーの定番調味料「マヨネーズ」はカロリーが高いので、付けるとしても少量におさえましょう。また、茹でる時は栄養が茹で汁として流れ出るのを避けるために、スープ料理にして、丸ごと味わうのがおすすめですよ。

・カイロで内臓あたためダイエット
寒い時期になると、体の内から冷えて内臓の動きも遅くなり、消化吸収機能が弱まるのだそう。そうなると、基礎代謝が下がってダイエットしにくい体になってしまうのだとか。内臓を温めて代謝を上げ、痩せやすい体質にするのが「内臓あたためダイエット」。内臓を温めるには、適度な運動や、お腹のマッサージが有効だと言われています。さらにお手軽なのが「カイロ」を貼って内臓を温める方法。お腹と背中の両方に貼ることで、効果的に温めることができるそうです。ただし、肌に直接貼らずにインナーの上から温めるなどして、低温やけどには注意してくださいね。

・甘酒を飲むと食べ過ぎ防止に?
トレンドと言えば「甘酒ダイエット」も最近話題ですよね。米麹で作られた甘酒を毎日コップ1杯飲むだけだそうです。甘酒に含まれるブドウ糖が満腹感を刺激してくれるので、食前や食間に飲むと食べ過ぎを抑えられるのだとか。さらに疲労回復や肌の調子を整えることが期待できるビタミンBや、食物繊維も豊富なので腸内環境も整えられるそうです。体もホカホカ温まるので、朝食前や寝る前に飲むのがよさそうですよ。

  • 掲載日: 2015/10/09

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する