メディア個別 大人の遊び場ゲーム | dメニューゲームナビ
menu

129_92-92
大人の遊び場ゲーム

自由に使えるお金が少なく、なかなか自分のことにお金をかけられない、お金が貯まらないという人も少なくないはず。

お金を貯めたい人は、節約したい金額の管理や財布の使い方など、まずは身の回りのことから見直してみてはいかがでしょうか。

 

銀行口座などを利用して計画的に効率よくお金を増やすには、3つの財布を使い分けるのがおすすめ。1つ目の「財布」は、短期間で使う想定の生活費2〜3ヶ月分のお金。2つ目の「財布」は将来的に必要になることは分かっていても急には用意できないお金を貯めるです。大学入学の学費や、車の買い換え、マイホームの頭金といった、人生で何度かやってくる大イベントのための出費です。3つ目の「財布」はずっと先に使うお金、つまり老後のお金です。日本の銀行に預けるだけでなく、株や投資信託など、リスクを分散させながら運用していきましょう。

 

上手に貯金できる人に対して、お金が貯まらない人は生活習慣に原因があるのかもしれません。やってしまいがちな3つのNG習慣はこちら。
1.「部屋をあまり掃除しない」:部屋が散らかっているとすぐに必要なものが見つからず、同じものを買ってしまう小さな無駄遣いを積み重ねてしまいがちです。
2.「何気なく残業してしまう」:忙しい時以外でも、毎日残業しているような時間の使い方が下手な人は、お金の管理も下手な人が多いのだとか。
3.「ATMでよくお金を下ろす」:財布に入っているお金を何気なく使い、お金が足りなくなるたびにATMなどで引き出す生活を繰り返している人は、お金の流れが管理も甘く貯金が苦手な人も多いのだとか。
もし、当てはるものがあれば、見直してお金が貯まる生活に改善していきましょう。

 

他にもお金にまつわる悩みっていろいろありますよね。記事の最後でも紹介しているので、チェックしてみてください!

今回の特集では、無料ゲームからリーズナブルに大人の遊びを楽しめるゲームを用意したので、暇つぶしに遊んでみて。

 

ド派手なアタリ演出に血が騒ぐ!パチスロゲーム

派手なアタリ演出でテンションが最高潮になるパチスロゲームをピックアップ!最後まで興奮がとまらない「将軍RUSH」モードに突入する定番機種の『吉宗』や、実はインターポールのエリートでありながらも”とっつぁん”の愛称で人気の銭形警部が登場する『主役は銭形2』など、パチスロファン垂涎の作品をご用意。

スロットゲーム

 

パチンコゲーム

 

先手を読んで裏をかく、大人の頭脳戦ゲーム

緻密な計算に基づいた一手が勝負を左右する、大人の頭脳戦が楽しめるゲームをご紹介。麻雀ファンのために作られた、超リアル3D麻雀ゲーム『麻雀 雷神』や、”縛り”、”8切り”など、さまざまなローカルルールに対応した人気のトランプゲーム『大富豪BEST』など、大人の駆け引きを楽しんじゃおう。

 

初心者大歓迎!初めての勝負にオススメのゲーム

長編アニメ『サマーウォーズ』で脚光を集めた”こいこい”が楽しめる『花札MIYABI』や、女性からの人気がじわじわ急増中の「ブラックジャック」など、シンプルなルールで初心者でもすぐに楽しめるゲームをを紹介するぞ。

 

ゲームナビ編集部のおすすめ作品

大当たりを引いたときの爽快感がやみつきになるカジノ系のゲームですが、ときにはハズレてしまうことも。そんなときは落ち込まず、編集部おすすめのゲームで気分転換を。

 

 

 

お金が貯まる「やりくり黄金比率」とは?

無理なく毎月の貯金をするためには、理想の家計バランスを保つことも大切です。そこで、おすすめしたいのが、手取り収入に対する各費の項目を割合を守って貯める「やりくり黄金比率」。 「貯金=2割、生活費=6割、自己投資=2割」で振り分け、毎月一定額の貯金をしていきます。例えば、手取り20万円なら、毎月かかる家賃や光熱費などの固定費用が12万円、貯金4万円と自己投資(お小遣い)4万円といった具合に毎月8万円は残る計算になります。それが1年間だと約96万円にもなります。自己投資費も貯金に回した計算ですが、貯金するだけではなく自分で使えるお金も分けられているので、ストレスをためず、お金は貯めることができるのです。

 

やりくり上手は、無料のものを上手に押さえる

お金をやりくりするコツはさまざま。共通して言えるのは、無料やお値打ちなものをとことん利用すること!お金がよってくる人って、意外と無料のものを使うコツを押さえていることも多いかも!?真似をしてみたら、収入にあまり余裕がない人もけっこう簡単にお金が貯まるかもしれませんよ!?逆に言うなれば貯金ができない人の特徴は、ひと月の貯金額や支出額を決められない、無計画にクレジットカードを使用して引き落とし額を把握していない、そもそも残ったお金を貯金するという考えがない、というものがあげられます。ともかくまずは「いくら貯める」という目標を描くところからスタートしましょうね!

 

お給料が入った後の行動で決まる?

お金が貯まらない人は、日頃の自身の行動を見直してみてください。お給料が入った後の動きで、自分が貯まらないタイプか否かが判断できます。家計簿への記入やレシート管理ができていない人はもちろんですが、コンビニや自動販売機などでちまちまとお金を使ってしまう人も貯金がなかなかできないタイプ。細かい出費も、塵も積もれば山となります。小さなお金まで気が回るようになれば、お金をしっかりと管理できるようになるでしょう。

 

年代別の平均的な貯金額

ある調査によると、20代の平均貯金額は189万円、30代ではぐっと 上がって494万円、40代では594万円という調査データが明らかになっています。もちろん、いずれの年代でも貯金額0円という人は少なからず存在しているようですが、例えば30代で貯金50万円なんていう方は、少し焦ったほうがいいのかもしれませんね。

 

30代は貯金をする絶好のチャンス!?

また、とある調査では30代は2人以上の世帯では毎月10万円を平均して貯金しているようです。20代や40代の平均額よりも多いようで、その理由は20代はまだ給与が低いので貯金ができない、40代は養育費などの出費が増えてこれまた貯金ができない。つまり30代がもっとも貯金が増えやすい時期なのです。

 

貯金1000万円の人の意外な特徴

若い人でも収入ややりくり次第で1000万円の貯金を持っている方もいるかもしれません。他人の貯金額、気になりますよね。結婚のパートナーとなれば、なおさら貯金の多い人を選びたくなります。貯金がたくさんある人を見分ける方法はないのでしょうか?実はお金を持っている人ほど「ケチ」という傾向があるようです。派手な服装を着て、高いレストランに行って、外車を乗り回しているというステレオタイプを連想しがちですが、貯金に成功している人たちの節約項目を見ると「外食」「衣類」「通信費」がトップに上がるようです。一見、見た目が地味〜な人が、とんでもない額の貯金をしているかもしれませんよ。

 

年収別の貯金額は?

とある調査によると、年間の貯金額の平均は年収の1割〜2割が平均とのこと。年収が300万円の場合は年間の貯金額は30万円〜60万円、年収が500万円の場合は貯金額が50万円〜100万円という具合。ぜひ目安にしてみてください。

 

30代が気をつけるべき、お金の使い方は?

貯金が増えやすいからといって、油断してはいけないのが30代。若さで乗り切れる20代が過ぎ、いよいよ人生の岐路ともいえる時期なので、貯めたお金の使い方にも気をつけたいところです。「交通費」「メンテナンス」「スキルアップ」の3つには、惜しまずに投資をしましょう。まず「交通費」とは、移動して人と出会うということ。人とつながることがビジネスチャンスに発展する可能性もありますし、いざという時に支えてくれる誰かがいるのは安心ですよね。交通費はケチらず、どんどん新しい出会いを求めていきましょう。「メンテナンス」はいい食べ物を食べ、身だしなみに気をつかうということ。栄養バランスのとれた食事をとりながら、美容や服装にも投資する。自分をメンテナンスする=自己管理ができる人は、仕事ができるということに直結します。最後に「スキルアップ」。講演会やセミナーに行ったり、ビジネス書を読んだり、お稽古をしたり、スキルアップにつながることには、30代以降は積極的にお金を使っていきましょう。

 

ボーナスの使い道ランキング一位は?

まとまった額を一気に貯金するなら「ボーナス」が狙い目。実際、とある調査によると「冬の賞与の使い道ランキング」で1位は「貯金」。次点で2位が「ローン返済」、3位が「生活費」という現実的な結果となっていました。さらに「貯金」と回答した人の約70%以上が支給額の「5割以上」を貯金に回しているようです。ボーナスを使ってパーっと贅沢!というのは少数派のよう。ボーナスの使い道に迷ったら、ぜひこのアンケート結果を参考にしてみてください。

 

財布の中身、どれくらい入れる?

ちなみにみなさん、お財布の中にはどれくらいの金額を入れていますか?大人として恥ずかしくない額はいくらなのか、迷う人も多いのでは。ひと昔前は「年齢×1000円」なんて言われたものですが、実はとある調査によると、お財布の中の金額、社会人の平均は1万2927円だそう。確かにそれぐらいのお金があれば、ランチをして、急な飲み会にも参加できて、最悪タクシーで帰宅できますね。合理的な金額と言えるかもしれません。

 

年収200万円でも無理せず貯められる方法

計画的に行動すれば、年収200万円でも無理せずしっかり貯められます。まずは貯金額として現実的な「100万円」を設定しましょう。目標を達成して自信をつけるためにゴールを身近にするのと、100万円あれば万が一のことにもだいたい対応できるという理由があります。では、100万円をどれくらいの期間で貯めるか。一年の場合は月に80000円以上貯めなければならず現実的ではありません。では10年だとどうでしょうか。10年だと1ヶ月に約8000円で、かなり現実味が出てきますね。ちなみに5年だと、約1万6000円です。こう見ると、100万円貯金がぐっと現実的に思えるはず。あとはスマホ代、洋服代、食費、交際費などをチェックして、少しずつ切り詰めれば、無理なく貯金できるというわけです。

 

ランチ代もやりくり次第でお金が貯まる

毎日の身の回りの出費といえば、ランチ代。とあるアンケートで全国の男女350人に「ランチの平均予算」を調査したところ、「一人で食べるランチ」では、男女ともに半数以上の人が500〜599円と安く抑えているようです。ところが、「友人とのランチ」では、女性の半数が1000円〜1499円以上という結果に。一方、男性は友人とのランチに1000円〜1499円以上使う人は20%弱と男女で差があるようです。例えば、ランチ代も節約したい金額から1ヵ月の予算を決めてやりくりをするとお金が貯まるようになります。

 

  • 掲載日: 2015/02/19

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する