メディア個別 異性の複雑な気持ちがわかるゲーム | dメニューゲームナビ
menu

216_150-150-icon
異性の複雑な気持ちがわかるゲーム

子どもがいれば話すけど、二人きりになると会話自体が減ってしまったり、些細なことで喧嘩をしてしまったり、そんなことはありませんか?それは、夫婦関係が冷めてきている前兆かも⁉︎ これは、恋人同士でも言えますよね。自分が知らずにやってしまっているかもしれない離婚や別れの原因について調べてみたので、記事の最後でご紹介します。

どの夫婦にもある離婚の可能性。離婚の決定打となる原因は何なのでしょうか?とある調査の結果をご紹介します。

【男性】
1位 性格の不一致
2位 妻の浮気
3位 嫁の親と合わない

【女性】
1位 性格の不一致
2位 夫の浮気
3位 旦那の暴力

男女ともに、性格の不一致が大きな原因のようです。性格の不一致から生まれるコミュニケーションのズレ。特に男性は奥さんが怒っている理由が理解できず、さらに奥さんの怒りを買うというバッドスパイラルに陥りがち。「何でそんな過去のことを持ち出すの」と男性は理不尽に思うかもしれませんが、一説には男性と女性の思考法の違いが原因のよう。男性はその場その場で理論的に考えて怒りの原因を探ろうとするのに対し、女性はその時の感情を大切にするため、過去の感情が次々と蘇り、「あの時も、この時も……」と思わぬ怒りが連鎖するのだとか。男性は理屈で相手を言い負かそうとするのではなく、その感情を理解して真摯に誤りは誤りと認めるといったことも大事かもしれませんね。

 

夫婦関係は不満が少ないことにこしたことはありませんが、子供の数と不満の大きさは関係性があるという調査結果があるようです。そのアンケートによると、「結婚生活に幸せを感じるか?」という質問でもっとも幸福度が高かったのが子供の数が「なし」の女性。さらに「1人」で38.7%「4人」で33.3%となっています。また「離婚したいと考えている」と答えた女性の割合が一番大きかったのは、子供が4人いる女性だったそう。こういう調査結果になってはいますが、子供がもたらしてくれる幸せで夫婦も仲良くなっていきたいですね。

 

男性の気持ちが離れてきたサインの1つとして、「もっと化粧したら?」など見た目に関する要求が増えてきたら要注意。それは、他に好きな女性ができてあなたと比較しているのかも。例えば、それまではあなたの肌に不満がなかったのに、比べて見たときについつい小言を言いたくなってしまう心理の表れかもしれません。完全に心変わりされてしまう前に行動することで、関係を修復することもできるでしょう。

 

相手との関係を円満に保つために、パートナーの心が読める力が身につきそうな心理ゲームなどを集めてみました。これで夫婦仲も恋人同士ともうまくいくかも⁉︎

 

心を読む力をつけよう

相手の気持ちを理解したり、心を読めたら人間関係もうまくはずですよね。しかし、心を読むことはそう簡単ではありません。相手の気持ちを理解できないと、失礼な言動をしていまい人間関係も悪くなってしまいます。心を全部読み取るのは難しいですが、特訓すれば以前よりわかるようになるかも。そこで、相手の心理をつくゲームを集めてみたよ!これで、心が読めるようになるかも⁉︎

 

お互いを理解しあおう

話が続かなかったり、合わなかったりするのは、お互いの趣味や考えが違うからかもしれません。相手の好きなものを理解して、一緒に楽しめば自然と話が盛り上がるかも!ゲームナビ内で、男女別人気ゲームを集めてみたよ。お互いが好きなものをやってみて共通の話題を作ろう!

●女性に人気のゲーム

●男性に人気のゲーム

 

理想の恋愛で癒されよう

なぜ、喧嘩をしたり、相手に幻滅してしまうのか・・・。それは、あなたの理想が高いからかも⁉︎ 実際、現実と理想は違いますよね。ならいっそ、恋愛ゲームで理想の恋愛をしてみては?相手の気持ちがわかるようになり、現実の恋愛もうまくいくかも!

●女性向け

●男性向け

 

人間関係はタイミングが重要⁈

人間関係が円滑にいく人って気がきく人が多いですよね。気遣いは、タイミングが重要なのだそう。気遣いもタイミングを間違えるとウザがられてしまったりするかも。そこで、空気とタイミングを読むリズムゲームを集めてみてよ!楽しく面白くリズム感を鍛えよう!

 

編集部おすすめゲーム

仲直りしたら、編集部おすすめゲームをやってみて!同じゲームをやることで話題も増えて、絆も深まるかも!

 

離婚が多い年代は?

一番離婚率が高い年代っていくつなんでしょう?最近では「熟年離婚」が話題になったりもしていますが、とある調査によると、離婚率が高い年代ベスト5は以下の順番になるようです。

【1】30〜34歳
【2】35〜39歳
【3】25〜29歳
【4】40〜44歳
【5】45〜49歳

ちなみに、一番離婚率が低いのは「〜19歳」。次は「55〜59歳」のようです。この結果を見ると、まだまだ熟年離婚は少数派で、30代が最も危険なんですね!将来についての現実的な見通しがたってくる30代だからこそ、お互いを見つめ直す機会となるのでしょうか。

 

もしお互いの不満が限界に達してケンカになってしまったら…。

なぜ奥さんが怒っているのか、気持ちが読めない男性も多いのではないでしょうか。実はケンカした後に、奥さんが一見平然として家事をしたり、テレビを見たり、普段通りの行動をしているのは、「仲直りをしたい」というサインである可能性もあるのです。いつも通りの行動をすることで、夫の不機嫌が直るのを待っている、そういった意味もあるのだそう。事態を悪化させることなく、相手の行動をよく観察して最善を尽くしましょう。

 

離婚しそうな夫婦が悩むこととは

相手の気持ちがわからなくなってしまったり、お互いへの興味が薄れてしまって思いやりの言葉がなかったり、そっけない返事をしてしまったりと、結婚生活が長い夫婦のよくある悩みなのだそう。そういった事をほったらかしにしていると、離婚の原因になってしまうかもしれません。

例えば「靴を揃えない」「歯を磨かない」「立ったままつまみ食いをする」なんて、生活の些細なことでも、積み重ねるとけっこう大きな問題になってしまうケースもあるようです。

すれ違いが重なった夫婦はどうすればいいのでしょうか。まず、子どもや仕事の話だけでなく「私」が主語の話もする。お互いに自分の意見言うことで問題の解決になるかも。一緒に問題を解決することは夫婦円満にとって大事な要素だそうで、どんな些細なことでも話し合ってみるのが大事なんだとか。また、すれ違いが重なって「はいはい」と何事も受け流すこともキケン。受け入れるだけでなく、正直に反発するのも大事なことのようです。

 

旦那さんへの不満は?

女性が旦那さんに抱く不満で多いのが「家事を手伝ってくれない」こと。共働きなのに結局家事をしているのは奥さん、協力してくれるって言ったのに「俺は仕事が忙しいから」で全然家事をしてくれない、というのは比較的どの家庭でも「あるある」な悩みみたいです。「家事も労働である」ということを、男性はしっかり理解したほうがいいかもしれませんね。

 

夫に嫌われる妻の態度とは?

奥さんの態度で、旦那さんがウンザリと思ってしまうこともあるようです。例えば、自分のことばかり喋り続ける人。夫婦で話をすることは大事ですが、相手が何を考えているのか聞くことが大事です。それと、すぐに他人を羨ましがることもやめましょう。例えば、友達の旦那さんを褒めすぎたり、住んでいる家を羨ましがったりするのは旦那さんのプライドを傷つけます。また、相手を心配しすぎる行為も、女性は嬉しいかもしれませんが、男性は逆で「こんなに自分はダメなのか」とパワーが削がれてしまいます。夫が好きなものを体に悪いからダメと取り上げてしまうことは、ストレス発散のはけ口が無くなってしまい不満が溜まっていく原因に。自分本位ではなく、旦那さんのプライドを気遣う優しさを持ちましょう。

 

LINEのやりとりで分かる心が離れたサイン

男女の関係が冷めてきた際に現れるのが、LINEのやりとり。例えば出会った頃はお互い頻繁にやりとりをしていたのに、あるときからメッセージが未読のまま放置されるようになった経験はありませんか?男性にとってLINEは単なる連絡するための道具と思っているので、本当に仕事などで忙しくて対応できない場合もありますが、それを理由に会うことを躊躇したり、LINEの内容が素っ気なくなってきたら、少し注意が必要です。女性にとっては、感情を共有したり会話のために使う人が多いそうです。そんな女性が未読スルーになった場合は、「すぐに返信すると軽い女に見られそう」など駆け引きのためにあえて未読にしていることが多いのだとか。未読に焦らず、多少相手の状況や返信のタイミングを想像してあげる優しさが長続きするポイントかもしれませんね。

 

仮面夫婦を解消するための方法は?

離婚に至らずとも「仮面夫婦」になるパターンもあります。愛情がないにも関わらず世間体や子ども、経済的な面で離婚には踏み切らない冷えきった夫婦関係。修復するのは困難ですが、やるべきことは自分が変わることだそうです。仮面夫婦はしばしば相手に対して「何でもっとこうしてくれないの?」という不満を抱きがち。しかし、相手から変わってくれるこどはほとんどなく、自分が変わるしかないようです。相手にしっかり向き合うだけでなく、感謝と尊敬の念を持つように努力する。あるいは、弁護士などの第三者を介入させることで、閉塞した二人の関係に風穴を開けることができるかもしれません。

 

「疲れたから……」は危険信号?

離婚の兆候として、相手の言動にも注意してみてください。例えば危険な兆候なのが「疲れたから後にして……」という言葉。真面目に将来について話し合おうとしても、また何気ない会話でも「疲れたから」で、相手にしてくれないようになったら、心が離れてきているシグナルかもしれません。事態が重くならないうちに、手を打ったほうがいいかもしれませんね。

 

 浮気を見破るポイント

離婚の原因として、もちろん浮気も大きな一因です。浮気を見破るポイントは様々ありますが、例えば携帯の扱い方。携帯をずっと手放さなかったり、一緒にいる時に携帯を見なかったり。勝手に携帯が見られるのを避けたい、連絡がきた時に「誰から?」と聞かれたくないがための行動です。「仕事用」などと言って携帯をふたつ持つようになっても怪しいですね。また、定番ですが、帰宅の時間が遅くなってくると浮気の兆候かもしれません。さらに帰ってきてから風呂場に直行するようになったら要注意です。香水やファンデーション、煙草などの匂いの証拠を隠滅しようとしているかもしれません。

 

夫の仕事への不満が見過ごせない?

また、女性が抱えるパートナーへの不満として「仕事」に関するものも大きいようです。別の調査では「夫の仕事への不満の理由」をアンケートしたところ、70%以上が「給料が低い」、40%以上が「残業が多い」、20%以上が「福利厚生が不十分」に回答しました。給与の不満が圧倒的で、これは調査した全ての年代で一位の理由となったそうです。

 

SNSでの「愛妻アピール」は要注意?

浮気をしやすい男性の傾向は色々ありますが、TwitterやFacebookなどのSNSで自称・愛妻アピールをしている人は、逆に浮気の疑いが濃厚!という説も。理由としては、わざわざ愛妻であることを必要以上に公言する人は、本当に妻が好きというよりは、愛妻である自分を評価されたいという気持ちがあるから、だそうです。さらに、SNSでの”愛妻家”は「妻に感謝」といったように「感謝」を述べがちです。よそよそしさが漂う「感謝」という言葉を選ぶのは、本心が別のところにある証、なんてことも言われています。もちろん本当に愛している人もいるはずですが、あまりにも度がすぎる愛妻家アピールには気をつけたほうがいいかもしれません。

 

相手の呼び名にも夫婦の関係性が現れる

自分の家庭と同じくらい、お隣さんや知人たちの夫婦関係も気になりますよね。「この夫婦、危ないのでは?」というシグナルとして注目したいのが、相手の呼び名。とある男女関係専門の行政書士によるアンケート調査によると、相談にきた女性の旦那さんへの呼び名で多かったのが、「夫」「旦那」「主人」「亭主」などに次いで、「あいつ」「あの人」などがランクイン。いずれにせよ、他人行儀な雰囲気のある呼び方。さらに「あいつ」となっては悪意がすごいですよね……。呼び名を観察すれば、その夫婦の関係性が見えてくるかもしれませんね。

 

夫婦で一緒にお風呂を入る人の割合は?

仲の良い夫婦を語る要素としてイメージされるのが、”夫婦風呂”。では、実際、夫婦で一緒にお風呂に入る人はどのくらいいるのでしょうか。20歳以上の男女1000人に対し、どのくらいの頻度で夫婦でお風呂に入るかを聞いた、とある調査によると「ほぼ毎日」は6.8%、「週に4〜5日程度」は3.0%、「週に2〜3日程度」は5.0%、「週に1日程度」は5.5%、「月に1日以上」は28.3%とのこと。また「一緒に入ることはない」は58.8%ということから、逆算をすると夫婦風呂をする人の割合は、41.2%と約4割という結果だったそうです。夫婦風呂をしている多く夫婦が、夫婦円満度が高いと回答しており、夫婦風呂が仲良く暮らすための秘訣になっているのかもしれません。

相手の気持ちを理解して、よりより夫婦関係を構築していけるといいですね♪

  • 掲載日: 2016/04/15

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する