menu

【ドリフトスピリッツ 攻略第4回】取り付けたパーツを強化してさらに性能アップ!合成できるのは車だけじゃない!

top車と同様に、パーツも合成によって強化することが可能だ。むしろ車の入手機会が少ない本作では、こちらのパーツ強化によって車の戦闘力を底上げするのが正しい方法。今回はパーツの合成強化について、気になる合成のコツを伝授しよう。

レビューはこちら→500万DL突破のドリフトバトルゲーム!ようこそ、熱きドリスピの世界へ!
前回の攻略はこちら→【ドリフトスピリッツ 攻略第3回】お待ちかねのパーツカスタム!フルチューンの愛車でライバルに挑め!

 

パーツ強化で愛車の戦闘力を向上!ロジックは同種合成がキホン

01パーツ合成に必要なものは強化するパーツ、素材にするパーツ、そして費用となるコインだ。前回攻略でも触れたとおり、本作ではパーツの入手機会は割りと多い。レアリティが低く不要なパーツは合成素材にしてしまおう

 

02またパーツ合成の際は、エンジンならエンジンを素材に、タイヤならタイヤを素材に…と、同系統のパーツを合成したほうが獲得できる経験値は多くなる。そのほか、レアリティが高いパーツを素材にすることでも獲得経験値の上昇が見込めるぞ。

 

03また、ストーリーパートの勝利時などに手に入ることがある【強化キット】を素材にするのも手だ。定番の合成素材専用アイテムで、ベースパーツのレベルを大きく引き上げることができるぞ。

 

04同系統ボーナスを利用すべく、特定の系統のパーツが欲しい場合は、曜日ごとの限定バトルに挑戦しよう。勝利すれば必ず特定系統のパーツが手に入るのがポイントで、愛車の戦闘力に合わせて初級~超上級まで難易度が選択できるのもありがたい。

 

05難易度の違いは単に敵戦闘力の違いというだけでなく、手に入るパーツのレアリティにも関係している。初級ならば☆2程度のレアリティがほとんどだが、中級以降は☆3レアリティのパーツもかなり入手しやすくなっているぞ。

最初に選択する車の戦闘力であれば、中級まではすぐに挑戦できる。手に入れたパーツで愛車を強化すれば、上級バトルに必要な戦闘力にも十分手が届くぞ。ガソリンに余裕があるなら是非とも消化しておきたいバトルだ。

 

合成を繰り返すほどに重くのしかかる合成費用…収入を増やすのもドリフト次第!?

06さて、こうした合成強化に付き物なのが、合成費用の捻出である。本作の合成にかかる費用は、“強化するベースパーツのレベル×50×合成する素材数”という計算式になっている。

レベルが上がれば上がるほど費用が高くなっていくので、合成の際はなるべく同系統のパーツを使用して経験値自体を増やし、なおかつ合成回数を減らすためにできる限り一度に多くの素材を合成するようにしよう。

それでも合成費用が足りない場合は、他の手段を考える必要がある。本作のコイン入手方法はバトルに勝つことと、パーツの売却の2つだ。

 

07手っ取り早いのは、不要なパーツを売ってしまうことだ。レアリティの低いパーツは気兼ねなく合成素材にできるという点で便利だが、獲得経験値も少ないため結果的に合成回数の増加を招きやすい。☆1~☆2程度のパーツであれば、いっそ売却してコインの足しにしたほうが効率が良いぞ。

上記の曜日限定バトルを利用すれば☆3~☆4のパーツはすぐに用意できるので、☆1~☆2のパーツは売却専用と割り切るのもアリ。

 

08バトルで獲得できるコインも、実はプレイヤー側で獲得量を増やすことが可能だ。バトル勝利後のリザルト画面をよく見てみよう。一番上の基本報酬はバトルごとに固定だが、その下の3つはロケットスタート・ドリフト・ニトロの使用によって加算される。

要するにロケットスタートを成功させ、高評価ドリフトを決めていれば、自然とコインの収入も増えるというワケ。

ただし、ニトロの使用によるボーナスだけはちょっと考え物だ。ニトロの使用1回につきコイン500が加算されていくが、逆にコインでニトロボンベを購入することはできないのがミソ。コイン収入を増やすためだけにニトロを使用するのは到底オススメできないぞ。

 

09以前の攻略で触れたフレンド挑戦バトルであれば、勝利すれば使用ニトロ+1本が手に入るため、ニトロ使用によるコインボーナスを存分に活用できる。どのみち使った分も返ってくるのだから、フレンド挑戦バトルに限っていえば、3本フルに使用するのがオススメだ。

次回は他プレイヤーとのバトルと、【最速伝説ランキング】について解説!

 

本作に登場する名車を(一部)ご紹介!その4 ~マツダ・RX-8~

10

名車RX-7のエロいボディラインを踏襲しつつ、4人乗り車両となったマツダのスポーツカー。これがもともとは家族向けのファミリーカー扱いで開発されていたというのだから驚きである。ちなみに本車は警視庁にも4台ほど採用され、実際に取り締まりにも使用された(現在は退役)。

マツダRX系統の車種は大体の車ゲーにおいて“コーナリングに強い”、“ハンドリングが優秀”といった評価を受けることが多い。本作でもそれは健在で、前回ご紹介したインプと比較すると高速性能は劣るものの、ハンドリングや加速で勝っている。ミニ四駆で例えるならば「ハリケーンソニック」タイプといったところか!?

 

次回の攻略はこちら→【ドリフトスピリッツ 攻略第5回】対人戦の興奮度はピカイチ!?オススメはニトロ無しのギリギリバトル!

 

© BANDAI NAMCO Games Inc.

All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, vehicles,models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their respective owners, and used with such permissions.

 

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する

関連する記事

このゲームの攻略まとめ