menu

【ポケモンGO】ピカチュウと一緒に『ポケモンGO』!ポッポを進化させてレベルアップ【プレイ日記・第1回】

現実世界を舞台にさまざまなところを探索、ポケモンを探すことができるというARゲーム『ポケモンGO』!見慣れた近所の場所がポケモンたちのいる世界に変わるというのはこれまでのゲームにない要素で、ワクワクせずにはいられない!短期間に人気が出て社会現象にまでなったのも分かる作品。ポケモン好きであり、新しいものに目がない筆者も早速プレイにチャレンジ!

1

 

『ポケモンGO』のレビュー記事はこちら⇒ポケモンを現実世界で捕まえよう!話題の『ポケモン』最新作ゲーム!

『ポケモンGO』の原型となったNiantic,Inc.制作の位置情報ゲーム『Ingress』のレビューはこちら!→GPSを駆使した新しすぎるタイプのゲームが登場!

2016年11月18日にニンテンドー3DSで発売される注目の最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』の情報はこちら!→『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

 

プレイ開始!アバターをデザイン

プレイを開始すると、博士が登場。『ポケットモンスター 赤・緑』ではアニメでもおなじみオーキド博士が登場したけど、『ポケモンGO』で登場するのはウィロー博士。イケメンで大人っぽいフンイキがカッコいい…。

2j

 

まずは自身のスタイルのデザインから。帽子や靴といった服装はもちろんのこと、髪の色や肌の色までカスタマイズ可能。目立ちたがりな筆者はちょっとでも目立つように服は黄色系のカラーでまとめて、肌も健康的な褐色でGO!

3j

 

やっぱりピカチュウ!君に決めた

4j

アバターのデザインが終わると、早速最初のポケモンをつかまえることに。『ポケットモンスター 赤・緑』同様、最初に登場するのはフシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメの3匹!ただ、あることをすると最初からピカチュウをつかまえられるという噂を聞いたので、それを試してみることに。アニメ『ポケットモンスター』に思い入れがあるので、できれば最初の1匹はピカチュウがいい…。!

 

5回移動を繰り返したら…ピカチュウが出現!

ピカチュウに出てきてもらうためには、フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメを無視して3匹が画面からいなくなるまで歩き続ける…というのを4~5回繰り返すらしい…。試しにやってみると、200メートルくらい歩いたところで、フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメが画面から消え、また出現!せっかく3匹が画面に出ているのに無視をするというのは心が痛むけど、ピカチュウのため心を鬼にして歩き続けてみると…。

5j

5回目でピカチュウ登場!噂は本当だったみたい。出てきたピカチュウをタッチすると、モンスターボールを投げる画面へ。下から上へフリックしてモンスターボールを投げるのだけど、コツがつかめず全然ピカチュウに当てられない!あまりに当たらないので、逃げられちゃうんじゃないかとドキドキ…。最初の1匹だし、まさか逃げちゃうなんてことないと思うけど…。

6j

…結局、20個ほどモンスターボールを投げて、ようやく成功!

 

ポケストップを目指して移動

7j

ピカチュウをつかまえたら、お次はポケストップを目指して移動!近所のお店や神社、果ては公園の置物にいたるまで、さまざまなものがポケストップになっていておもしろい!手近なポケストップを目指して歩いている最中、ドードーをつかまえ…

8j

 

さらにフシギダネもつかまえることができた!

9j

 

ポケストップに着いたら中央の写真を指で回転させると、モンスターボールやキズぐすりといった道具が出現したのでタッチして獲得。これは…本当にポケモンの世界を冒険しているみたいで楽しい…!

1

 

ポッポのアメが貯まったので進化!

10j

その後もプレイを重ねるうちに、ポッポを沢山つかまえることができたので、ポッポのアメもたくさん…!『ポケモンGO』では、ポケモン毎にアメが用意されていて、アメを使用することで強化や進化が可能。やっぱり「ポケットモンスター」ファンとしては、進化した姿を見てみたい…。そこで、早速ポッポを進化させてみることに…。

11j

ポッポを進化させてピジョンに!驚いたのは、手に入るXPが大きいこと。モンスターボールでポケモンをつかまえたりポケモンを進化させたりするとXPを入手できるのだけど、ポケモンをつかまえた際に入手できるのが概ね100XP~200XPくらいなのに対し、進化させた際手に入るのは500XP!

12j

実は、進化させた際に入手可能なXPが多いことを利用して、入手XPを倍増させる道具「しあわせタマゴ」を使って次々ポッポを進化させるテクニックが!「しあわせタマゴ」を使うと、進化時に獲得できるXPは1000!また、ポッポの進化に必要なアメは12個なので、かなり効率よくレベルアップが可能。ただ、この時はこのテクニックを知らなかったので、実行できず…。残念!

 

ジムバトルが楽しめるようにレベル5を目指す!

13j

歩いていると、ポケストップ以外に目につくのが「ジム」。これまでの『ポケットモンスター』シリーズでも登場していた「ジム」だけど、『ポケモンGO』ではちょっと意味合いが異なる模様。チームに分かれてポケモンバトルをし、「ジム」の所有権を奪い合うらしい…。ポケモンバトルは『ポケットモンスター』の醍醐味なので、早く味わいたい!ただ、「ジム」を利用できるのはトレーナーレベルがレベル5になってから。まずはレベル5を目指してレベルアップにはげもう!

 

次回のプレイ日記はこちら→【ポケモンGO】ピカチュウ2匹目!さらにレベル5達成でジム戦デビュー!【プレイ日記・第2回】

 

※『ポケモンGO』は、開発会社のNiantic,Inc.が制作した『Ingress(イングレス)』というゲームが原型。『Ingress』は現実世界を歩きながら陣地を取り合うというゲーム。本作も『Ingress』を部分的に踏襲していて、基本的にポケモンを探しながら現実世界を歩き回るというもの。こちらも要チェック!
『Ingress』のレビュー記事はこちら!→GPSを駆使した新しすぎるタイプのゲームが登場!

※『ポケモンGO』を楽しんでいるなら、チェックしたいのがポケモンシリーズ最新作。2016年11月18日にはニンテンドー3DSで最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売される予定。ポケモンの力を限界まで引き出す「すごいとっくん」など、新しい要素が満載の新作を楽しみに待とう!
詳しくはこちら→『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

 

©2016 Niantic, Inc.
©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する

関連する記事

このゲームの攻略まとめ