menu

【ダビマス・攻略第1回】シリーズ伝統の奥深さがスマホで楽しめる!【ダービースタリオン マスターズ】

競走馬育成シミュレーションゲームの草分け『ダービースタリオン』シリーズ最新作がスマートフォンで新登場!タイトルは『ダービースタリオン マスターズ』。血統効果や配合理論を考慮しながら生産し、競走馬の体重や調子を見ながら育成していく奥深いゲーム性はもちろん本作でもそのまま。さらに新要素によって初心者でもプレイしやすく楽しいものに!そんな本作の攻略記事第一回は、本作の基本的な楽しみ方とプレイのコツについてご紹介! top
『ダービースタリオン マスターズ』のレビューはこちら⇒元祖競走馬育成ゲーム『ダビスタ』最新作がスマホで登場!

 

『ダービースタリオン マスターズ』とは?

『ダービースタリオン』は、これまで家庭用ゲーム機向けにリリースされてきた競走馬育成シミュレーションゲームのシリーズ。その内容は、競走馬を生産して育て、最終的には競馬レースの最高峰GIレースに勝利することを目指す…というもの。「どんな競走馬を生み、どう育てるか?」という戦略性と、必ずしも狙った通りいくわけではない…という部分のバランスがよく、一度ハマると止まらなくなってしまうおもしろさを持った作品! 3j 本作は、この『ダービースタリオン』のスマートフォン向け最新作。一般的なゲームがスマートフォン向けにリリースされる場合には、スキマ時間でも気軽にプレイできるよう内容が簡略化されることが多い。しかし本作は、生産要素も育成要素も一切妥協せず、家庭用にあった奥深さが堪能できちゃう!なので、歴代『ダービースタリオン』ファンでも、しっかり楽しめる! 4j もちろん、操作に関する部分はスマートフォンならではのお手軽操作。加えて、初心者でもストーリー展開を追いながら競走馬育成のイロハが身につくように構成されているため、「競馬にあまり詳しくない」という人でもすんなりゲームに親しむことが可能!

 

父親の死をきっかけに牧場を継ぐことになる主人公

まずは主人公の名前入力。そして、騎手の服のカラーリングをカスタマイズ。服のカラーリングは自分の好きな色にしてOKだけど、なるべく遠くからでも識別できそうな目立ったカラーリングがオススメ。その方が、レース中に自分の馬だと見分けやすい。(※自分の馬をマークするボタンは用意されている) 5j カスタマイズが終わると、ストーリーが開始。ストーリーの内容は、東京で働いていた主人公が父の死をきっかけに実家の牧場を継ぐことになり、競走馬の育成を始めるようになる…というもの。自分の実家ではあるが、東京で別の仕事をしていた主人公には競走馬育成の知識がまったくない。このため、牧場のスタッフたちがどうすれば良いか教えてくれることに。 6j『ダービースタリオンシリーズ』を知らないプレイヤーでも、主人公の立場で自然とプレイ方法を身につけられ、つまずくことが少ないようになっている。また、これまでのシリーズを経験してきたプレイヤーも、ストーリーを楽しみながら退屈せず今作のシステムを把握できるのがうれしいポイント。

 

まずは牧場が保有する競走馬「ウインドブレイカー」を育成!ゲーム開始後は調教を任せる「おまかせ調教」も可能!

プレイヤーがまず行うことになるのは、育成の要である調教。はじめから保有している競走馬・ウインドブレイカーをレースに出すために調教を行う。調教は「芝」や「ダート」「ウッドチップ」などの調教メニューと、「馬ナリ」「強め」「一杯」「併せ馬」といった調教の強さを選んで実行。 8j「芝」「ダート」「ウッドチップ」といった調教メニューによって、馬のどの能力が伸びるかと、馬の体にかかる負担が変化。また、「馬ナリ」「強め」「一杯」といった調教の強さによって、調教効果が変化。「併せ調教」>「一杯」>「強め」>「馬ナリ」の順に調教の強さが異なるけれど、その反面、疲れやすく馬の体重も大きく減少。また、故障しやすくなるという面も。
9j基本的にレースの際に馬の調子がよく体重をベストな状態に持っていくよう調教していくことになる…のだけど、ウインドブレイカーの育成においては、牧場を手伝っている幼馴染「なつき」の言うとおりに選べばOK!また本格的なゲームプレイ開始後も、「おまかせ調教」が用意されているため、「調教の仕方がわからない」という初心者も安心だ。10j

 

調教が終わればいよいよ「ウインドブレーカー」をレースに出走!

調教が終わると、いよいよレースに出走。レースにあたってプレイヤーができることは、所有馬をどのレースに出すか選ぶことと、どの騎手に乗ってもらうか選ぶこと、そしてどんな戦法をとるかを選ぶこと。

11j

レースの選択は、所有馬がどんなコースや距離、馬場状態を得意としているかを知り、相性のよいレースを選ぶのがポイント。また、騎手は基本的に現実の競馬で有名な騎手ほど強力。それに加えて騎手ごとに得意とする競馬場との相性があり、得意とする競馬場ほど勝ちやすい。 12j 最後に、戦法には主に「逃げ」「先行」「差し」「追込」「馬ナリ」「マーク」とあり、これには絶対の正解はない。馬の脚質やスタミナ、レース距離、馬場の状態などを考慮して都度選んでいくことになるものの、ウインドブレーカーのレースにおいては指示される通りに選んで大丈夫!本格的なゲームプレイ開始後も、おまかせ調教であれば自動的にレース出走してくれるため、ゲームに慣れるまでは選択されたものを採用していればOK。 13j

 

いよいよ自分だけの競走馬を生産!配合理論も種付けの際に教えてもらえる!

レースが終わってストーリー第2話に入ると、いよいよ競走馬を生産!牧場で保有している繁殖牝馬(母親となる馬)に、父親となる種牡馬を掛け合わせることで生産を実行。種牡馬は、種抽選(ガチャ)によって入手しよう。 14j 生産の際に重要となるのが配合理論。同じ祖先を持つ馬同士を掛け合わせる(インブリード)ことで、祖先の能力が受け継がれやすい。ただ、同じ祖先の血が濃くなりすぎると、場合によっては気性難だったり体が弱い馬が生まれる場合も…。反対に、同じ祖先をまったく持たない馬同士を掛け合わせる(アウトブリード)と、丈夫な馬が生まれやすい。 15j 配合理論を知らずとも、生産の際に牧場長に「完璧な配合」や「面白い配合」などアドバイスをもらえるので、最初の生産ではアドバイスを参考に配合してみよう。「危険な配合」と言われなければとりあえずのところはOK。 16j

 

知識を深めつつ強力な馬を生み出そう!近作は新要素才能が登場!

第2話以降もストーリーは展開していくけど、やはり醍醐味は「生産」「育成」「レース」を繰り返していくサイクル。『ダービースタリオン』シリーズは、最初の一回でGI優勝を狙う…というタイプのゲームではなく、何度も失敗を繰り返しながら「どうすればGIに勝てるか?」を突き詰めていくタイプのゲームなので、繰り返しプレイしながらいろんな配合、調教方法、レースの指示を試してみよう。 17j 最後に、これまでになかった本作からの新しい要素「才能」について。「才能」とはその馬が持つ特殊スキルのようなもの。先天的に持つものと、後天的に取得できるものがある。後者は、開花させたい「才能」に応じた「特別調教」が必要となり、ストーリーで獲得できるのは疾風のような速さを見せるという「疾風」の「特別調教」。 18j「才能」は持っていれば必ず開花するというものではないため、プレイ当初はおまかせ調教をベースにしつつ、様子をみながら徐々に取り入れるという形でOK。「疾風」以外にもたくさん才能が用意されているので、ゲームを進めながら特別調教師を獲得しよう!ゲーム内の年数で数年程度は、「生産」~「育成」~「レース」という流れに慣れることを目指そう。次回は、流れの中でも最も重要で奥深い「生産」についてご紹介!

 

次回の攻略記事はこちら→【ダビマス・攻略第2回】完璧な配合・見事な配合で強力な競走馬を生産!奥深い配合理論を駆使しよう【ダービースタリオン マスターズ】

 

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する

関連する記事

このゲームの攻略まとめ