メディア個別 ダンジョン駅の予習に最適!「渋谷ダンジョン」を片手に現実の渋谷駅を探索してみた! | dメニューゲームナビ
menu

ダンジョン駅の予習に最適!「渋谷ダンジョン」を片手に現実の渋谷駅を探索してみた!

上京したての頃、新宿駅でどうやっても迷ってアルタ方面に行けませんでした。ライターの井上マサキです。

日々多くの乗降客が利用する新宿駅や梅田駅などの巨大ターミナル。その複雑な構造を指して「ダンジョン駅」と呼ばれることもあります。渋谷駅もそんなダンジョン駅のひとつです。

 

sibuya_001

山手線、半蔵門線、井の頭線など、4社9路線が入り乱れる渋谷駅。2013年に東急東横線が地下化して、そのダンジョンぶりにますます拍車がかかりました。地下5階の深さにある東横線から地上3階の高さにある銀座線まで乗り換えると足ガクガクです。セーブポイントがほしいくらい。

 

sibuya_002

その渋谷駅ですが、まだまだ絶賛工事中の状態が続いています。2020年には銀座線のホームが表参道方面に約130m移動し、埼京線ホームも北側へ約350m移動して山手線ホームと並ぶとのこと。再開発でビルもガンガン建っております。

ということは、そのうちまた僕らの知ってる渋谷駅では無くなってしまう……ということ。いまの「ダンジョン」を堪能するべく、このアプリと一緒にウロウロしてみました。その名も『渋谷ダンジョン』です。

 

ダンジョンと化した渋谷駅で「聖なる犬像」を探せ!

『渋谷ダンジョン』のゲーム画面はファミコンのRPGのような8bitドット絵。改札も階段も全部ドット化されていますが、構造は実在の渋谷駅をモデルにしているんです。

 

sibuya_003

見た目はRPGですが、基本はダンジョンを探検するゲーム。面倒なレベル上げや武器を買うお金を貯めるとかも一切なし。初期状態ではスライムも倒せません。手に持っている剣はなんなんでしょうか。コスプレかな。

スタート地点はJRハチ公口改札。冒険の最終目的は「聖なる犬像」を探すこと。渋谷で聖なる犬といえばアレですよね。

 

sibuya_004

ご存じハチ公です。「ハチ公口改札」というだけあって、ゲームのスタート地点からハチ公までは目と鼻の先なんですが……。

 

sibuya_005

すぐには近づけないマップになってます。初代ドラゴンクエストの竜王の城みたいですね。なんかハチ公が光っているのも気になります。やたら聖なる感じがします。

 

sibuya_006

ダンジョンには様々な仕掛けや謎解きがあり、頭を使わないと先に進めません。どうしても困ったらヒントもあるので、最終的にはなんとかなります。

 

sibuya_007

さて、銀座線の中央口改札(降車)までやってきました。この部分、現実ではどうなっているかと言うと……

 

sibuya_008

おぉ、確かに改札や階段の位置が忠実に再現されているのがわかります。赤いスイッチがある場所に赤い売店があるのは偶然なのか狙ったのか。

 

sibuya_009

ウロウロしているうちに、今度は渋谷マークシティ内のJRと井の頭線を結ぶ通路らしき場所に来ました。岡本太郎作の壁画「明日への神話」が飾ってあるところですね。……それにしてもこんな丸い柱あったかな?

 

sibuya_010

ありました。この場所、何度も通ったことあるのに全然気がつきませんでした。こんなに大きいのに。

 

sibuya_011

探索しているとアイテムを見つけることがあります。「切符」は同じ色の改札が通れるようになる重要アイテム。「橙色の切符」なら銀座線の改札が通れるように! 東京メトロの一日乗車券だったりするのかな。

 

sibuya_012

「地図」を手に入れるとマップが表示できます。現実の渋谷駅がモデルとは言え、この複雑さは本当にRPGのダンジョンですよね……。

 

sibuya_013

駅構内だけなく、東急百貨店の一部フロアもダンジョンの対象です。カウンターがありますが誰も居ませんね……。というか、さっきから他の人間の姿を全く見かけません。あちこち壁が崩落して通れなくなってたりするし、人類が滅亡したあとの渋谷駅なんでしょうか。それとも人類はみんな新宿駅に移動したんでしょうか。

 

sibuya_014

あっちこっちと探索を続け、ようやく「緑の切符」を手に入れました。これでJRの改札に入れます。ここは中央口改札を抜けて埼京線ホームへ向かうところ。現実の世界だと……

 

sibuya_015

ホームまでめちゃくちゃ遠いところです。動く歩道もフル活用で、もはや別の駅なんじゃないかと思うくらい歩きます。なんとかたどり着いたホームで、後ろを振り返ってみると……

 

sibuya_016

遠すぎてホームが1点に吸い込まれそう。美術の教科書で遠近法を習ったときこんな図を見ました。早く工事が完了して山手線と並んでほしい。

 

sibuya_017

これだけ遠いところまで来れば、ゲームならご褒美があるというもの。ホームの先端、渋谷駅の最南端にあたるところには、光り輝くクリスタルが……!

 

sibuya_018

一方、現実の渋谷駅最南端にあるのは「蓄電池設備」でした。これはこれで大切なものだと思います。

 

sibuya_019

いやぁ疲れた。JRとか井の頭線とか回ったし、埼京線ホームの端っこまで行ったぞ。これはそこそこゲームとしても進んだに違いない……と、進捗画面を開いたら、まだ全体の10%だという表示が。10%!? 10%しか進んでないの!?

そういえばまだ地下鉄のホームに行ってませんし、地下化した東横線の駅にもたどり着いていません。進捗画面の「ヒカリタワー」の文字も気になります。渋谷ヒカリエまであるのか。まだまだ先は長い……。駅の構造が変わってしまう2020年までに、100%を目指さなくては……!

 

それにしても、こうしてゲームの中で思う存分探索することで、段々と渋谷駅の構造を把握できてきた気がします。実は『渋谷ダンジョン」の作者が作ったアプリには『新宿ダンジョン』もあるんです。将来『梅田ダンジョン』を作る予定もあるとか……! アプリでダンジョン駅の予習をして、スマートに乗り換えをこなしましょう。

 

 

 

※歩きながらのスマートフォン操作は大変危険です。周囲への注意力が低下し、事故などにつながる恐れがあるので、安全な場所で立ち止まって操作しましょう。

 

井上マサキ/宮城県出身の2児の父。IT企業に15年勤めたのち、ライターの道へ。テレビ、お笑い、iPhone、育児などの記事や企業インタビューなど幅広く活動中。路線図が好きで、イベント「路線図ナイト」では毎回100人を越える同好の士が集まる。NHK「着信御礼!ケータイ大喜利」ではレジェンドの称号を獲得したことも。公式サイト:右脳TV

 

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する