メディア個別 【ダビマス・プレイ日記第3回】GIIIレースを飛び越えGIIセントウルステークスで優勝!?【ダービースタリオン マスターズ】 | dメニューゲームナビ
menu

【ダビマス・プレイ日記第3回】GIIIレースを飛び越えGIIセントウルステークスで優勝!?【ダービースタリオン マスターズ】

競馬好きならプレイしないのはもったいない!スマートフォン向け競走馬育成ゲーム『ダービースタリオン マスターズ』。GIレースのひとつ「ジャパンカップ」の優勝を目指してプレイを開始したものの、GIIIレースになかなか勝てなかった前回。GIIIレースに勝てないようでは、「ジャパンカップ」はもちろん、他のGIレース優勝も難しい…。今回はなんとか、GIIIレースで優勝したいところ。

1j

 

『ダービースタリオン マスターズ』のレビューはこちら→元祖競走馬育成ゲーム『ダビスタ』最新作がスマホで登場!

プレイ日記までの攻略記事はこちら→【ダビマス・攻略第3回】馬の体調を管理!調教とレースをしっかりスケジューリングしよう【ダービースタリオン マスターズ】

前回のプレイ日記はこちら→【ダビマス・プレイ日記第2回】カナロアベイビーを手動調教し、オープンからGIIIにステップアップ!【ダービースタリオン マスターズ】

 

GIIIへの出走継続!中京記念に出走するものの…?

2j

とにかくGIIIに優勝しないことには、GII、GIとステップアップすることはできない…。なので、カナロアベイビーの調子を見ながら、次に出走するGIIIを物色。すると、1600m芝のGIIIレース「中京記念」があったので早速出走登録!

3j

レース前の人気は2番人気。これは…十分優勝が狙える!期待できるかも!?

4j

…と思いきや、結果は人気と同じ2位…!1位は京都牝馬ステークスや関屋記念優勝といった戦績を誇るドナウブルー。ハナ差での敗北というのがメチャクチャ悔しい…。

 

特別調教をやっておくべきだった…!?

今回初めて手動調教を行ったこともあって、GIIIに勝てないのは自分の調教のせいじゃないかという思いが強い…。そういえばデビュー前に「特別調教」を行わなかったけど、やっておいた方がよかったかも…?

5j

「特別調教」というのは、特別な調教師に調教してもらうことで、競走馬の「才能」を開花させることができる…というもの。ただ、「特別調教」を行うだけではダメで、さらにGIなど重賞以外のオープンクラスのいずれかのレースに出走する必要アリ。また、「特別調教」を行って指定のレースに出れば必ず才能が開花するかといえば、そういうわけではなく、運頼みな部分も。

6j

才能には、スプリンターズステークスで見せる抜群の瞬発力を発揮する「疾駆」や…

7j

疾風のような速さを見せるがGIなどの大舞台では発揮できない「疾風」といったものがあり、基本的にレースがより有利なものに。「競走馬をこういう形で活躍させたい」「このレースは必ず優勝したい」という具体的な目標がある場合、デビュー前から「特別調教」を行っておくのがポイント。今回だと、もうデビュー後の状況なので、「特別調教」するには、やや遅いような気がする…けど、それでもやった方がいいかな?しばらく迷った結果、今回は「特別調教」せず、もう少し芝とダートで調教を行うことに。

 

GIIIを飛び越えGIIに出走!果たして結果は…?

8j

芝とダートで併せや強めの調教を繰り返しつつ、カナロアベイビーの調子を見守っていると、調教師から「状態はバッチリです」という反応が。近いタイミングで出走可能なレースを探すと、カナロアベイビーが得意とする1200m~1400m芝のレースを発見!それは…「セントウルステークス」。なんと、GII!

9j

GIIIで優勝できないのに、GIIは難しいんじゃ?そう思ったものの、カナロアベイビーの調子的にもレースの条件的にもバッチリ。ここはチャレンジしてみるべき時では!?…そう思って出走登録!

10j

事前人気はなんと1番人気!これは…もしかしてもしかするのでは!?興奮でドキドキと高鳴る鼓動を感じつつ、レーススタート!

11j

レース開始直後から先頭をひた走るカナロアベイビー。

12j

カーブに差し掛かっても先頭から落ちる気配はない。無理して直線に入った時、ズルズル順位を落としてしまうのでは…とも思ったけど、短距離だからスタミナ不足ということはなさそう。あるとすれば、強力な追い込みを食らって一気に抜かれてしまうこと…。一体どうなる!?

13j

心配しながら見守る筆者の気持ちを知ってか知らずか、まったく順位を落とさないカナロアベイビー!なんとそのままゴールインして見事1位!! GIIIに苦労していたのに、あっさりGIIレースで優勝!!

14j

今回のプレイで感じたのは、競走馬の調子とともに、競走馬の得意とする距離、馬場のレースに出すのがメチャクチャ重要ということ。優勝できなかったGIIIレース、「フェアリーステークス」や「中京記念」はいずれも1600m(芝)というコース。対して優勝できたGIIレース「セントウルステークス」1200m(芝)で短距離を得意とするカナロアベイビーにピッタリのコース。なので、おそらく調子と、レースの相性さえしっかり調整できれば、今のカナロアベイビーでもGIに勝てるのでは…!?次回は是非ともGIにチャレンジしたい!

 

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する

関連する記事

このゲームの攻略まとめ