menu

【ポケモンGO】エーフィとブラッキーを連れてジムバトルに挑戦!その能力は…!?【プレイ日記・第17回】

イーブイを相棒にしてポケストップ巡りをし、なつかせた上で見事ブラッキーへと進化させた前回。今回は、ブラッキーの力のほどを見るべく、是非ともジムバトルにチャレンジしてみたい!ただ、ちょっと頼りないのがブラッキーのCP…。強化してCP1357までアップしたものの、ジムバトルにはやや不安…。

1j

『ポケモンGO』のレビュー記事はこちら⇒ポケモンを現実世界で捕まえよう!話題の『ポケモン』最新作ゲーム!

『ポケモンGO』の原型となったNiantic,Inc.制作の位置情報ゲーム『Ingress』のレビューはこちら!→GPSを駆使した新しすぎるタイプのゲームが登場!

前回のプレイ日記はこちら→【ポケモンGO】なついてくれたってこと!?相棒のイーブイがブラッキーへと進化!【プレイ日記・第16回】

 

タマゴをかえしてブビィを入手!「メタルコート」でストライクも進化!

1357というCPが気になって、実はブラッキーでのジムバトルは先延ばしに…。では何をしていたのかというと、ポケモン集め。

2j

ポケモン集めの成果としては、タマゴからジョウト地方のポケモンであるブビィを入手。ブビィは、進化することでブーバーとなるポケモン。

 

3j

また、ポケモンを集めているうちにストライクのアメが貯まったので、「メタルコート」を使った進化が可能に!早速進化すると…ハッサムに進化。これまでの黄緑色から赤い色に変化して、なんとも強そう…。実際、CPも1803。戦力として通じるレベルのCPなので、ジムバトルでブラッキーとともに活躍させたい。

4j

 

改めて相棒にしたイーブイをさらに進化すると…!?

また、ポケモン集めの中で、再びイーブイがなついたと言える状態に!このイーブイは、前回ブラッキーへと進化させた後、改めて相棒とした新しいイーブイ。前回ブラッキーに進化させた際は、アメを2個もらった状態だったけど、今回はすでに3個以上のアメを入手。これは、間違いなく懐いていると考えていいはず…。

5j

ただ、イーブイを相棒にした後で進化させるとエーフィやブラッキーになりやすい、というのは噂として聞いたこと。なので、実は本当のことかどうかはわからない…。前回ブラッキーに進化できたのは偶然かも。だから、今回もまたエーフィやブラッキーに進化するかどうかは、まったくもって不明!だけど、試してみないとわからないから、思い切って進化させてみることに!

6j

すると…なんとエーフィに進化!CPは1827と心強い!イーブイを相棒にした上で進化させたところ、2回連続でエーフィ、ブラッキーになったということは、この噂、かなり信憑性が高いのでは!? 今後もエーフィやブラッキーが欲しくなったら、まずはイーブイを相棒にすることにしてみよう。

 

イーブイから進化した5匹でジムバトルにチャレンジ!

エーフィ、ブラッキーが手に入ったことで、イーブイから進化可能な5匹のポケモンすべてが勢ぞろい!せっかくなので、シャワーズ、サンダース、ブースター、エーフィ、ブラッキーという5匹すべてを連れてジムバトルにチャレンジ。もちろん、進化したばかりのハッサムも一緒!CPはサンダースが1537、ブースターが1600、シャワーズが2031、エーフィが1827、ハッサムが1803、ブラッキーが1357。

※なお、6月23日以降、ジムバトルのシステムが大幅に変更されたけど、このジムバトルに挑んだのは変更前のこと。なので、この記事に書かれたジムバトルは、現在のジムバトルと内容に異なる部分があることをご注意!

7j

挑戦する相手のジムは、CP1930のリングマ、CP2754のギャラドス、CP3113のカイリューという編成。カイリューが手強そうだけど、どこまで善戦できるかな…!?

8j

最初の相手、リングマにはサンダースを繰り出したものの、やっぱりここはブラッキーの能力を試してみたかったので即座にブラッキーへと交替!

9j

ブラッキーは相手に与えるダメージが大きい!…けど、受けるダメージも大きい!善戦したもののあえなく倒されてしまい、ブースターに交替。

10j

そのままブースターでリングマを倒し、次の相手であるギャラドスとのバトルへ!みずタイプであるギャラドスに対して、ほのおタイプのブースターでは不利。なので、シャワーズに交替!冷静に考えると、でんきタイプのサンダースに交替した方が有利な気もするんだけど、この時はついCPの多さでシャワーズを選択。

11j

その結果、使い慣れていることもあってシャワーズでギャラドスを倒すことに成功!でも、HPが減ってしまったシャワーズでは続くカイリューと戦うことが難しいため、ここでエーフィに交替!

12j

エーフィのサイコキネシスは強力で、カイリューに大きなダメージを与えることに成功!でも、カイリューのはかいこうせんを避けることに失敗してしまい、残念ながら倒されてしまうという結果に…。

13j

しかし、最後にはハッサムが活躍して、見事ジムバトルに勝利!! エーフィとブラッキーが両方手に入った記念…と思って、シャワーズ、サンダース、ブースター、エーフィ、ブラッキーという5匹すべてをジムバトル戦で繰り出してみたけど、意外とこの編成、悪くない。というのも、どのポケモンもイーブイから進化しただけあって似ているため、たとえ交替しても、機動力で回避するという戦術でバトル可能。また、まんべんなくタイプが揃うので、ジムに沢山の種類のポケモンが配置されている場合は臨機応変に戦えるのも魅力!

ちなみに、5匹のポケモンのタイプとわざは、次のような形。

14j

【シャワーズ】

タイプ:みず

通常のわざ:

・みずでっぽう

スペシャル技:

・アクアテール

・みずのはどう

・ハイドロポンプ

 

15j

【サンダース】

タイプ:でんき

通常のわざ:

・でんきショック

・ボルトチェンジ

スペシャル技:

・ほうでん

・10まんボルト

・かみなり

 

16j

ブースター】

タイプ:ほのお

通常のわざ:

・ひのこ

・ほのおのうず

スペシャル技:

・かえんほうしゃ

・だいもんじ

・オーバーヒート

・ねっぷう

(※現在、新たに捕まえたブースターは「ねっぷう」を覚えない。今後もアップデートなどで、ポケモンが使えるわざに変更が起こる可能性があるので注意!)

 

17j

【エーフィ】

タイプ:エスパー

通常のわざ:

・しねんのずつき

・ねんりき

スペシャル技:

・サイケこうせん

・サイコキネシス

・みらいよち

 

18j

【ブラッキー】

タイプ:あく

通常のわざ:

・だましうち

・バークアウト

スペシャル技:

・イカサマ

・あくのはどう

 

19j

CP的にはシャワーズが最も高くなる傾向があり、ブラッキーが最も低くなる傾向があるみたい。ただ、ジムバトルの時にはCP以外にタイプも関わってくるので、やっぱり臨機応変に編成するというのがベスト。今後はジムバトルがはかどりそうなので、もっといろんなジムに挑んでみたい!

 

 

※『ポケモンGO』は、開発会社のNiantic,Incが制作した『Ingress(イングレス)』というゲームが原型。『Ingress』は現実世界を歩きながら陣地を取り合うというゲーム。本作も『Ingress』を部分的に踏襲していて、基本的にポケモンを探しながら現実世界を歩き回るというもの。こちらも要チェック!
『Ingress』のレビュー記事はこちら!→GPSを駆使した新しすぎるタイプのゲームが登場!

 

『ポケモンGO』を楽しんでいるなら、チェックしたいのがポケモンシリーズ最新作。ニンテンドー3DSで最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売中。ポケモンの力を限界まで引き出す「すごいとっくん」など、新しい要素が満載!
詳しくはこちら→『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

 

©2017 Niantic, Inc.
©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する

関連する記事

このゲームの攻略まとめ