menu

【ダビマス・攻略第2回】完璧な配合・見事な配合で強力な競走馬を生産!奥深い配合理論を駆使しよう【ダービースタリオン マスターズ】

奥深い競走馬育成が楽しめる『ダービースタリオン マスターズ』。ストーリーを追いながら基本的な楽しみ方とプレイのコツについて紹介した第1回に続いて、第2回ではいよいよ本作の楽しさの中心ともいえる競走馬の生産についてご紹介!

1j

 

『ダービースタリオン マスターズ』のレビューはこちら→元祖競走馬育成ゲーム『ダビスタ』最新作がスマホで登場!

前回の攻略記事はこちら→【ダビマス・攻略第1回】シリーズ伝統の奥深さがスマホで楽しめる!【ダービースタリオン マスターズ】

 

サラブレッドとは?配合理論とは?競走馬の生産のイロハ

競走馬のことをサラブレッドと表現することがあるけど、サラブレッドという言葉は「徹底的に品種改良されたもの」という意味を持っていて、その意味の通り競走用に品種改良されてきた競走馬のこと。なんと、サラブレッドの祖先を辿ると、どの馬から辿っても3頭の馬に行きつくという。

2j

では、どうやって品種改良するのか?その答えが配合。血統の良い馬や優秀な成績を残した馬を配合することによってよりよい品種を作り出そうということ。この血統の種牡馬と繁殖牝馬を配合させればこんな競走馬が生まれやすいか…という理論が「配合理論」という。

3j

『ダービースタリオン』シリーズは初代からこの「配合理論」をゲーム内に取り入れており、「配合理論」を駆使した競走馬生産の奥深さによって一躍人気シリーズに。本作『ダービースタリオン マスターズ』でももちろん「配合理論」は用意されていて、これを押さえることで強力な競走馬を生産できる確率がアップ!

 

「配合理論」にはクロスとアウトブリードがある

「配合理論」は大きく分けると「クロス(インブリード)」と「アウトブリード」の2つ。

4j

「クロス(インブリード)」というのは近親配合のことで、父親となる種牡馬と母親となる繁殖牝馬が同じ祖先を持つ配合のこと。本作で「クロス(インブリード)」が発生すると、祖先となる競走馬が持っている因子の能力を、生まれてくる子へと引き継ぐことが可能。

 

5j

「アウトブリード」というのは、父親となる種牡馬と母親となる繁殖牝馬が同じ祖先を持っていない場合の配合のこと。本作では、「アウトブリード」の場合には祖先となる競走馬が持っている因子が引き継がれないものの、丈夫な子が生まれるように!

 

よく分からなくても安心!配合の種類はひとめでわかる

祖先とか因子とかよく分からない…という場合でも大丈夫!繁殖する際に、どんな配合理論が成立するのかが画面に表示されるので、ひとめで確認できる。表示される内容は「面白い配合」「よくできた配合」「見事な配合」「完璧な配合」「危険な配合」の5つ。

6j

 

「面白い配合」とは?

7j

種牡馬の祖先馬4頭(画像のピンクでマークされた部分)と、繁殖牝馬の祖先馬4頭(画像の黄緑色でマークされた部分)の合計8頭のうち、親系統が7種類以上ある配合。勝負根性のある仔馬が生まれてくる傾向が強い模様。

 

「よくできた配合」とは?

8j

種牡馬の祖先馬4頭(画像のピンクでマークされた部分)と、繁殖牝馬の祖先馬4頭(画像の黄緑色でマークされた部分)の合計8頭のうち、種牡馬の祖先馬と繁殖牝馬の祖先馬とで一致するものが3種類以上ある配合。クロス効果を強めに継承した仔馬が生まれてくる傾向がある模様。

 

「見事な配合」とは?

9j

種牡馬の祖先馬4頭(画像のピンクでマークされた部分)と、繁殖牝馬の祖先馬4頭(画像の黄緑色でマークされた部分)が対象で、種牡馬の祖先馬と繁殖牝馬の祖先馬とが一致する配合。クロス効果をより強めに継承する傾向がある模様。

 

「完璧な配合」とは?

10j

「見事な配合」(画像のピンクでマークされた部分と黄緑色でマークされた部分の組み合わせ)と「面白い配合」(画像の青色でマークされた部分と黄緑色でマークされた部分の組み合わせ)が同時に成立する配合。勝負根性を持つとともに、クロス効果も増幅された仔馬が生まれてくる可能性が高い模様。

 

「危険な配合」とは?

11j

種牡馬の父と繁殖牝馬の父が同じ馬など、同じ親の血が濃すぎる配合。気性難の仔馬や、ケガをしやすい仔馬が生まれやすくなってしまう傾向にある模様。

 

ゲーム序盤でオススメの配合理論は?

「完璧な配合」や「見事な配合」が成立する種牡馬と繁殖牝馬の組み合わせは少ないため、ゲーム序盤でこうした配合を狙うのはあまり現実的じゃない。なので、ゲーム序盤では「面白い配合」か「よくできた配合」が成立することを目指そう。

12j

 

 

序盤に手に入る繁殖牝馬で、完璧な配合や見事な配合を行う組み合わせ

14j

序盤では「完璧な配合」や「見事な配合」はなかなか狙えない…。それだけに、狙うことができれば攻略が楽になることは間違いなし!そこで、序盤で購入できる価格帯の繁殖牝馬で、「見事な配合」「よくできた配合」が狙いやすい繁殖牝馬の一例をご紹介。

 

■コイノヒナギク

コイノヒナギク×ルールオブロー(☆2)=よくできた配合

 

■ラストスターダスト

ラストスターダスト×フサイチリシャール(☆2)=見事な配合

ラストスターダスト×スタチューオブリバティ(☆3)=よくできた配合

 

ゲームに慣れたら自分好みの配合を試してみよう

「サラブレッド」という言葉の意味が示す通り、競馬にとって生産は歴史とロマンが込められた非常に重要な要素!なので、ゲームに慣れてきたら、血統を見ながら自分でいろんな配合を試してみよう。より生産の楽しさを実感できるハズ!

13j

ただもちろん、競走馬が活躍できるかどうかは血統や配合によってのみ決まるわけではない。どのように育てられたか?=調教も重要。そこで次回は、『ダービースタリオン マスターズ』の調教についてご紹介したい!

 

次回の攻略記事はこちら→【ダビマス・攻略第3回】馬の体調を管理!調教とレースをしっかりスケジューリングしよう【ダービースタリオン マスターズ】

 

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する