メディア個別 【ダビマス・攻略第3回】馬の体調を管理!調教とレースをしっかりスケジューリングしよう【ダービースタリオン マスターズ】 | dメニューゲームナビ
menu

【ダビマス・攻略第3回】馬の体調を管理!調教とレースをしっかりスケジューリングしよう【ダービースタリオン マスターズ】

『ダービースタリオン マスターズ』の奥深さを生み出している要素のひとつ、「生産」についてご紹介した第2回。続いて今回は、もうひとつの重要な要素、「調教」についてご紹介していく。強力な競走馬を育て上げるためには、ただただ調教を繰り返すだけでなく、競走馬の調子に気を使うことも重要!

1j

 

『ダービースタリオン マスターズ』のレビューはこちら→元祖競走馬育成ゲーム『ダビスタ』最新作がスマホで登場!

前回の攻略記事はこちら→【ダビマス・攻略第2回】完璧な配合・見事な配合で強力な競走馬を生産!奥深い配合理論を駆使しよう【ダービースタリオン マスターズ】

 

まずは調教と競走馬のステータスの関係を理解しよう

調教には、「芝」「ダート」「ウッドチップ」「ポリトラック」「坂路」「プール」の6種類があり、それぞれに競走馬のどのステータスに影響を与えるかが違ってくる。調教とステータスとの関係は次の通り。

2j

 

・「芝」:競走馬のスピードが大きくアップ。競走馬にかかる負担が最も大きい。気性を良くする効果も。

・「ダート」:競走馬のスタミナが大きくアップ。芝の次に大きな負担が競走馬にかかる。気性を良くする効果も。

・「ウッドチップ」:芝やダートよりも効果は小さいものの、競走馬のスピードとスタミナがアップ。

・「ポリトラック」:競走馬のスピードがアップ。芝よりも競走馬にかかる負担が小さい分、効果も小さい。

・「坂路」:競走馬のスピードがアップし、スタミナも小さくアップ。芝よりも競走馬への負担が小さい分、効果も芝より小さい。

・「プール」:体重が中程度減少。競走馬のスタミナが小さくアップ。競走馬に負担がかからない。

 

調教の強さを理解しよう

調教の際にはさらに「調教の強さ」も指定。「調教の強さ」によって競走馬のステータスがどれだけ変化するかと、体重がどのくらい落ちるか、そしてどのくらいの確率でケガが発生するかが異なっていて、ステータスを大きく伸ばそうとすればするほど、体重が大きく落ち、ケガの発生率も高い。調教の強さによって調教の効果がどう変化するかは次の通り。

3j

・「馬ナリ」:馬にまかせた調教のこと。ムリをさせないため、調教の効果は小さいものの、ケガの可能性が最も低くなり、体重も変動しない。

・「強め」:強めの調教を行うこと。調教の効果は中程度。馬ナリよりもケガの発生率は高く、体重が2kgほど減少。

・「一杯」:目いっぱい、最大限の調教を行うこと。調教の効果は大きい半面ケガの発生率も高く、体重が4kg減少。気性を鍛える効果もある。

・「併せ」:1頭のみで調教するのではなく、2頭で調教すること。最も調教の効果が大きい半面、ケガの可能性は最も高い。体重が6kg減少。勝負根性を鍛える効果もある。

 

調教において重要なのは「馬の調子」と「体重」

どんな競走馬を育てる場合にも重要になってくるのが「馬の調子」と「体重」。「馬の調子」が悪い時は、レースに出たところで勝てる可能性はほとんどない。それどころかケガをしてしまう可能性も高いので、「併せ」や「一杯」といったハードな調教は避け、「馬ナリ」や調教を休む(調教しない)ことで様子を見よう。馬の調子が良いか悪いかは、調教師のコメントで確認!

4j

ちなみに、調教師のコメントから掴める競走馬の調子は概ね以下のような状態。

 

■競走馬の調子が絶好調の時

sj

 

■競走馬の調子が好調の時

g1j

g2j

 

■競走馬の調子が好調でも不調でもない時

nj

 

■競走馬の調子が不調な時

b1j

b2j

 

また、「体重」は競走馬ごとにベストな体重が設定されており、このベスト体重を維持するようにしよう。ベスト体重は「馬体解析センター」を利用することで確認可能。ただ、成長に伴ってベスト体重が変化するほか、ゲーム序盤では「馬体解析センター」の利用金額が高額で利用しづらい。なので、「馬の調子」と同様、調教師のコメントによって確認しよう。重いというコメントをもらったらプールを使って体重を減らし、痩せているというコメントをもらったら調教の強さを「馬ナリ」にするなどして体重をコントロール!

5j

 

競走馬の体重については、軽い時や重い時、優先して調教師がコメント。

 

■競走馬の体重が軽い時

l1j

l2j

 

■競走馬の体重が重い時

f1j

f2j

 

なお本作のプレイヤー間では、ベスト体重=体重を「太め」とコメントされてから-8kgした体重と考えるのが一般的。プレイの際に「太目」-8kgを目安にプレイしてみよう。

 

勝つためにはどのステータスを伸ばすべき!?

馬のどのステータスを伸ばすべきか知るためには、その馬の父である種牡馬をチェック!基本的に種牡馬の性質を引き継ぐため、種牡馬が得意としていた距離を確認してみよう。種牡馬が1000m~1600mなど短距離を得意としているようなら、スピードアップを中心に調教しよう。逆に種牡馬が1600m以上の長距離を得意としているようだったら、スタミナアップを中心に調教してみるのがオススメ。

6j

競走馬のデビュー前は基本的に体重が重く、ステータスも全く伸びていないので、ステータスアップを目的にガンガン調教しよう。スピードアップを中心にするなら、1、2回目の調教はともに「坂路」をメインにし、調教師のコメントを見つつ「一杯」や「強め」を使い分け。スタミナアップを中心とするなら、「坂路」の代わりに「ダート」をメインにしよう。

7j

一方、競走馬がデビューした後は、ステータスアップよりもケガをさせないことと、競走馬の調子をコントロールすることがメイン。「ウッドチップ」や「ポリトラック」といった競走馬への負担が少ない「調教」をメインにしつつ、体重を減らしたい時は「プール」を使うようにしよう。

 

おまかせ調教はどんな時に使うべき?

競走馬の調教を調教師まかせにできる「おまかせ調教」。適当に調教されたらどうしよう…と心配に思う人もいるかもしれないが、この「おまかせ調教」はセオリー通りにしっかり調教してくれるので安心。完全に「おまかせ調教」だけでも十分にGI優勝することが可能!

8jしかし、「おまかせ調教」の場合、競走馬が出走可能なレースがあればとにかく出走させてしまう傾向が…。たとえば、短距離が得意な競走馬を、勝てる可能性の薄い長距離レースに出走させてしまう…ということが発生することもある。なので、どんな馬でもどんな時でも「おまかせ調教」にまかせっきりでOKかというと、そうではない。

9j「おまかせ調教」が効果を発揮するのは、ズバリ育成している競走馬が増えてきた時!育成している競走馬が増えてくると、すべての競走馬の調子と体重を把握してこまめに調教を行うのは難しい。そこで、生産の時点で強く育ちそうな競走馬については自分で調教、そうではない競走馬についてはとりあえず「おまかせ調教」というのがオススメ。「おまかせ調教」の馬が活躍してきたら、手動での調教に切り替えるなり、出走レースをこちらで決定するなりしていこう。

 

starionj

なお、厩舎ごとに調教方針が異なり、おまかせ調教の傾向にも差が。それぞれの厩舎の調教方針は以下の通り。

 

・「千石厩舎」:レース中心に競走馬を調教。距離へのこだわりは強くない。

・「八木沼厩舎」:スタミナを重視。長距離レース中心。

・「和泉厩舎」:競走馬を長く活躍させることを重視。距離へのこだわりは強くない。

・「桐島厩舎」:競走馬に無理をさせない堅実派。すべての距離をそつなくこなす。

・「牛嶋厩舎」:スピード重視。短距離レース中心。

・「風間厩舎」:早期に活躍する馬を育てるのが得意で、短距離レース中心。

 

おまかせ調教を前提とする場合、その競走馬の得意とする距離に対応した厩舎を選ぼう。また、「千石厩舎」「八木沼厩舎」「和泉厩舎」は美浦(関東)の厩舎で、「桐島厩舎」「牛嶋厩舎」「風間厩舎」は栗東(関西)の厩舎となっているため、関東のレースで活躍させたい場合は「千石厩舎」「八木沼厩舎」「和泉厩舎」のいずれか。関西のレースで活躍させたい場合は「桐島厩舎」「牛嶋厩舎」「風間厩舎」のいずれかから選択しよう。

 

慣れてきたらレースを目指して調教!

ゲームが始まってすぐのうちは、調教を行いつつ、競走馬の調子がよいタイミングで出走可能なレースに出させていこう。ただこの時、レースの馬場と距離はしっかりチェック!種牡馬が得意としている馬場と距離のレースに出走させるのがキホン。種牡馬が1600m~2200mを得意としていたら、その範囲の距離を持ったレースに出走させよう。馬場がダートのレースに出走させるかどうかも、種牡馬のダート適性を見ればOK!

10j

ゲームに慣れて、「どんな組み合わせで調教を行えばどれくらい体重が減るのか?」「馬の調子がどう変動するのか?」が掴めてきたら、今度は出走させたいレースに合わせて調教を行おう。レースのタイミングで競走馬の調子が良く、ベストな体重になっているようにするのがポイント。

 

GIを目指してガンガン競走馬を育成しよう!

狙ってGIに優勝するためには、調教メニューと強さの組み合わせ、競走馬の調子・体重の関係をカラダで覚えるのがポイント。資金の状況を見つつガンガン生産を行って、「おまかせ調教」も併用しつつ競走馬を育てよう。自ら育てた競走馬が、他の競走馬を抜き去ってGIに優勝するあの喜びを、是非味わってほしい!

11j

 

※ご注意事項

価格表記はゲームダウンロード/開始するための価格です。別途パケット通信料がかかります。ゲーム内で一部有料課金アイテムがある場合がございます。記載内容は掲載日時点での情報であり一部内容や価格の変更がある場合がございます。機種/OSによりアプリケーションが対応していない場合がございます。ダウンロードリンクはアフィリエイトリンクとなっている場合があります。詳しくは提供元でご確認いただき、お客様の責任においてご利用ください。

> 不適切なコンテンツとして報告する

関連する記事

このゲームの攻略まとめ